平凡な高校生の最強FPSプレイ

ノベルバユーザー343634

戦闘なし

アイシアが別のクラスに転入した。その後アイシアに放課後学校を教えていたが、アリスも一緒についてきて、アイシアは他の教室を教えていると左腕にくっついてきた。アイシアの豊富な胸が押し付けられた。「……お礼」と言われしょうがないと思っていたらアリスからも胸を押し付けられてなすがままに学校を案内した。

「はぁ〜」

「……入らないの?」

「いやぁ〜今日からアイシアも一緒に住むとな」

そう言うとアイシアは悲しい顔になり

「……私と一緒は……嫌?」

「いやいやアイシアは綺麗だしうれしいよ」

「……うん、うれしい」

そう笑顔になり一緒に入った。そしたら母さんが奥から来た。

「あらあらいらっしゃい。アイシアちゃん今日からよろしくね」

「……はい。今日よろしくお願いします」

「まぁ連ちゃんとは違っていい子ね〜」

「やかましいわ」

そんな会話をしながら時間がたち夕飯の時はいつもと違って賑やかになった。
そして俺は風呂に入ろうと風呂のドアを開けるとそこにはアイシアがいた。

「え?アイシア?」

「……一緒に入る?」

そう言いながらアイシアは近くいてきた。
アイシアの豊富な胸と綺麗な青い髪があらわになり彼女の頬が赤く染まっていた。
彼女はいつと無表情だがやはり恥ずかしいのだろう。

「いえ、結構です」

そう言いながら出ていった。彼女が出た後流石に一緒に入るという事は恥ずかしい事を言った事自覚したのだそうか、目を合わせれなかった。
その後俺も風呂に入り寝ようとベッドに入ったら不意に自室のドアが開きそこにはアイシアがいた。

「どうした?アイシア」

「……一緒に寝ていい?」

そう聞いてきたアイシアは白いパジャマで枕をだかえながら聞いてきた。俺は自分の顔を赤くなっているのが分かっているので隠しながらいいと返事を返した。

「……ありがと」

そう言いながらアイシアは俺の隣に寝転がりお互いに背を向けた。
そのまま俺は寝てしまった。

//////////////////


「……連夜寝た?寝てる……ありがとう……連夜、連夜と会えて……私はうれしかった……本当に……ありがとう」

そう言いながら彼女は連夜の唇に自分の唇を重ねた。彼女はりんごのように真っ赤になりながら連夜の胸元で寝るようにした。

「……私のファーストキス……今度は連夜から……してくれたら……うれしい……な」

そう言いながら寝に入った。
それを暖かい目で連夜の親が見ている事は誰も知らないだろう。

「ふふ連ちゃんの子供が早く見たいわ」

そう言いながらゆっくりと扉を閉じた。

「平凡な高校生の最強FPSプレイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く