平凡な高校生の最強FPSプレイ

ノベルバユーザー343634

再会と驚き

学校の午後の終わりのチャイムが鳴り、学業から解放されたい生徒達にとって天使の鐘のようだろう。俺は背伸びをしてあくびをした。

「はぁ〜やっと終わったぁ〜」

そう言いながらカバンを持ち出て行こうとしたら先生から話しかけられた。

「おい、黒木。お客さんだぞ。少し来てくれ」

「分かりました。すぐに行きます」

と敬語で言っていたが内心はため息をずっとしていた。さてさてめんどくせぇけど行くか。

「さてさてめんどくせぇけど行くか」

「心の声が出てるぞぉ〜」

「おっと失礼」

そう良樹とアホなコントみたいなコントをして来賓室の前に来た。

「黒木連夜です。失礼します」

そこにいたのは敵として戦った事があり、よく知っている人がいた。

「……久しぶり」
  
「あ、アイリア!?」

「……ドッキリ大成功」

そこにいたのは一週間前に敵として戦った事があったアイリアがそこにいた。俺は驚きながら座ってと言われたので座って目の前にいるのは、本物の青い髪した綺麗な女性のアイリアがいた。

「ど、どうしてここに?」

「……有言実行」

「うぅん〜。確かにそうだが。よく来れたな。親が許したのか?」

「……留学という名の言い訳」

「言い訳のスケールがデケェ。うん?という事はアイリアは明日からここの学校に通うのか?」

「……そう……明日からここの朝霧高校に通う事になるから……よろ」

「まぁ〜。よろしくな」

「……うん」

そうアイリアは照れた風に返事をした。

「……明日用ある?」

「うん〜特にねーかな」

「……じゃ明日学校の案内頼んでもいい?」

「おう別に構わねーよ」

「……ありがと」

「どういたしまして」

そう言いながらまだアイリスは照れた風にお礼を言った。

「そう言えばどこに住んでるんだ?」

「……連夜の家」

「へぇ〜そんなんだ。うん?今何て言ったんだ?

そう俺は嫌な汗をかいてまた聞いた。

「……え?連夜の家」

「それはマジで言っているのか」

そう俺は外れる事を願って聞いた。背筋に冷たい汗も流れた。

「……連夜の家」

「それは母さんに言ったのか?」

「……下準備はすましてある」

「そうか……。だから今日あんなにニヤニヤしてたのか」

「……今日からよろしく」

そうおとなしいアイリスは笑顔で言ってきた。そんな笑顔で言われたらしょうがないかと思ってしまう自分がいる。

「まぁよろしく」

「……うん!」

俺は来賓室の窓を見て、ため息をして帰ったら絶対に母さんに一言言ってやろうと誓った。

「平凡な高校生の最強FPSプレイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く