平凡な高校生の最強FPSプレイ

ノベルバユーザー343634

クラウン戦とすれ違い

「お魚くわえたどら猫〜おおっかけぇって財布を、忘れて、ヘッド、ショット〜」

そう替え歌を歌いながらKar98Kを使って車を運転している敵をいつも通りヘッドショットを決めた。
 
「さて撃つ場所変えるか。流石にここで撃ち過ぎたな」

そうKar98Kを背中に背負って丘の下に隠していたバイクに乗り砂浜を走り出した。

「撃ってきたな。この方向はザガマン山の方からか」

ガンブが乗っているバイクの隣に当たらなかった弾がやってきた。

「そこの廃墟に隠れるか」

そのままガンブはバイクのタイヤが撃たれない所に隠し、ガンブは3階建の家の二階の窓の隣に隠れ横目で相手が何処にいるのか索敵する。

「あそこか。けどよくあそこから撃ってこれるな。偏差もあるのによくやるな」

ガンブが見つけた所は一本の木の後ろに隠れていた。

「あそこから〜ここぐらいか」

ガンブは標準を敵に合わして少し上に銃口を向け撃った。そしたら頭を出していた敵に当たってダウンした。ダウンとはパーティーでやる時ダウンしたら蘇生する事が出来る。

「さてさて全員相手しなくてもいいか。まぁ即キルだけはさせてもらうよ」

そう言いながらもう1発頭に入れ、最初に撃ってきた敵を即キルした。
そして俺は隠しておいたバイクに乗り廃墟を背にして走り出した。

「そう言えばそろそろクラウン戦が始まるな」

そう呟きながら走って行った。

//////////////////

クラウン戦とは個人のPGランキングとは違いパーティーのランキングを競う事だ。そんなあるひとつのクラウンの会話だ。そこには何人かのプレイヤー達が会議をしていた。

「そろそろクラウン戦が始まるな」

「ええどうするの?参加するの?しないの?」

「もちろんする。だがあの噂は本当なのか?」

「情報屋による話だ。確かだと思う」

「「「「「「あの!ガンブがどこかのクラウンに入るという事だ!」」」」」」

そう大きな声で息を揃って言った。このガンブがどこかのクラウンに入る事は小さな事ではない。リアルで例えば有名なサッカー選手が海外に移籍するという事だ。
その話しはすぐに広まり海外ではテレビやラジオでも言われるようになり、今回のクラウン戦は過去に違い少し緊迫した空気が漂っていた。

//////////////////

「寝すぎた!やばい!学校に遅刻する!」

そう連夜はPGをやり過ぎて遅刻しそうになっていた。

「連ちゃん!ご飯どうするの!」

「いやいらない!食ってたら間に合わないから」

そうドアを開けて走って学校に向かっていた。そしたら見たことあるような女性とすれ違った。その女性は青い髪をして綺麗だった。


「平凡な高校生の最強FPSプレイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く