平凡な高校生の最強FPSプレイ

ノベルバユーザー343634

2年前からの出会い

第3回最強戦の2連覇を達成した時の天王家との公式の食事会の時だ。天王家の人たちが試合の時の話やおめでとうなどの祝言など連夜は送られていた。その時も骸骨の仮面を付けてほとんど食事をまでなかった。

「すみません。少しお手洗いに」

と言いながら襖を開けて綺麗な庭園を見つめて言った。

「だりぃなぁ〜。何でこんなめんどくさい事をいちいちしないといけないんだぁ」

そうため息をして周りに誰もいない事を確認して自分の仮面を外して夜空を見た。その時だ。右側の廊下から同い年ぐらいの女子がいた。

「あ、あの」

「え?」

そこにいたのは天王家の現天王の息子の娘である天王麗奈だった。黒の生地に桜の着物を着た長い黒髪をした綺麗な女子が立っていた。
正直言ってこの時の俺は本当に油断していた。

「あぁしまった」

「もしかしてガンブ様ですか?」

ここで嘘を言っても自分の右手には骸骨の仮面を持っていたので言い訳は通じないと思って正直に言った。

「えぇそうです。自分がPGプレイヤーのガンブです。はじめまして麗奈様」

一応自分とは月とスッポンの差の地位にいるため敬語で話した。

「そういえば優勝おめでとうございます」

と麗奈様は頭を下げながら祝言を送ってきた。

「ありがとうございます。それと俺の事は内緒でお願いします」

と俺は本当に麗奈様にお願いした。

「もちろんです。内緒にしておきます」

自分の口に指をしぃ〜という仕草だけでも様になっていた。世間からも日本二大美人の一人として言われているほどだ。

「そういえばどうして麗奈様はこんなところにいるんですか?」

「あんまり私はこんな行事みたいなのは苦手で参加してもすぐ理由付けていつも一人になっていますね」

と苦笑しながら言った。

「確かに自分もこんな感じは苦手で今も理由を付けて逃げたところです」

などと肩をすくめて麗奈様に言った。麗奈様はそんな言葉を聞いて言った。

「ふふ私達って似てるんですね」

「確かにそうですね」

と俺と麗奈様は夜空を見上げながら色々な会話をし始めた。

「あの〜」

「はい。何ですか?」

「名前はなんていうんですか?」

「えっと自分の名前は黒木連夜といいます」

「連夜様は敬語でしか話してくれないんですか」

少し悲しそうに言ってきた。そんな事を聞いていた俺は言い返した。

「立場が違うので敬語は使わないと世間的にダメなので」

と俺が言うと麗奈様はムスッとした顔になって言った。

「今いるのは私と連夜様だけです。世間を気にしなくてもいいんですよ」

と俺の顔を覗くようにして反論してきた。
俺と麗奈様との睨み合い?みたいな事を数分して俺が折れた。

「はぁ〜。分かりました、じゃなくて分かった。麗奈様」

「麗奈」

「麗奈様」

「麗奈」

「はぁ分かったよ。麗奈」

「よろしい」

そう麗奈は満足した顔になりその後も麗奈と話しをしていると終わりの時間がきた。

「そろそろお開きですね。今日はありがとうございました」

「こっちこそありがとな」

「いえこちらも楽しかったのでとてもいい時間が過ごせました」

と言って俺が帰ろうとした時に麗奈から声がまたかけられた。

「あ、あのまた一緒にお話してもいいですか」

そう言われた俺は笑顔になり麗奈に言い返した。

「もちろん。友達だからな」

そう言うと麗奈は少し頬が赤くなり俺は言ある紙を渡した。

「これ。あげるよ」

「これは何ですか?」

「俺のスマホのメールアドレスだ。直接会えなくても電話しようぜ」

「ありがとうございます」

と麗奈はその紙を大切に両手で持ち頬をこれでかというほど赤くなって礼を言ってきた。そのまま俺と麗奈は別れたがいつもと言っていいほど寝る前に電話で30分ぐらい会話をした。その事を天王家の家族は相手がガンブだと知ると喜んで許してくれたそうだ。それが2年前から続いている。

「平凡な高校生の最強FPSプレイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く