勇者にとって冒険の書は呪いのアイテムです

ハイイロチョッキリ

⑥みなみのどうくつ(2)

???が現れた!

「セツリ!後ろだ!」

『!?』

セツリはとっさに皮の盾を後ろに向ける。

???の攻撃!

防御!

???は皮の盾に攻撃を防がれた。

「コイツは人間…か?」

ユージーンがセツリに攻撃した相手を見るとボロボロになった服を着た人間であった。

大きなバックパックを背負っていることから恐らくどこからかきた商人であろうと思われる。

ただし、白目は黄色く濁っており、肌は土気色だ。

「まるで死人のよう…ってか腐ってねぇか?ゾンビなのか?」

「あ゛ー…」

ゾンビの声が合図だったのか、それとも単に音に反応したのか、左右の草むらや洞窟の入口からゾンビたちが現れる。

ゾンビA,B,C,D,E,Fが現れた!

「全部で6体か。とりあえず身体も腐ってるし、相手は死体だ。迷ってたらやられるから倒すぞ」

『はい』

ユージーンの攻撃!

ユージーンは鉄の剣を抜き放ち、ゾンビAに斬りかかった。

ゾンビAの身体を袈裟斬りし、すぐに体勢を整えて他のゾンビの攻撃を警戒している。

ゾンビAを倒した!

セツリの攻撃!

セツリはゾンビBに接近し、すれ違いざまに首をはねた。

ゾンビBを倒した!

「一体一体は動きも遅いし、別に強くなさそうだな」

ゾンビCの攻撃!

回避!

ユージーンはゾンビCの攻撃を剣で払って交わした。

ゾンビDの攻撃!

セツリのカウンター!

セツリはゾンビDの攻撃をかわし、同時に剣を叩き込んだ!ゾンビDは胴体が真っ二つに割かれた。

ゾンビDを倒した!

ゾンビEの攻撃!

ユージーンは皮の盾で弾いた。

ミス!ゾンビEはダメージを与えられない。

ゾンビFの攻撃!

セツリの腕に爪を立てた!

『!?』

「セツリ!大丈夫か?」

セツリの腕が見る見るうちに赤黒く変色していく。

セツリは呪われた!

ユージーンの攻撃!

ユージーンはゾンビFの頭を真っ二つに切り裂いた!

ゾンビFを倒した!

「あ゛ー!!!」

ゾンビCは仲間を呼んだ!

ゾンビG、ゾンビH、ゾンビIが現れた!

「勇者にとって冒険の書は呪いのアイテムです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く