勇者にとって冒険の書は呪いのアイテムです

ハイイロチョッキリ

④たびのはじまり(4)

「…といってもまだ大きな都市は大丈夫だ。勇者様たちが残してくださったノウハウで作られた武器がある。アンタらみたいにいきなり強くはならねーが、訓練を積んで強い武器を使える兵士たちがいれば、いくら強い魔物たちでもそうそう攻め入ることはできねー」

「なるほど、そういうことだったのか。ということは俺たちは当面は冒険の書に言われた通り、あと2人の仲間を集めること、それからテレスの神殿ってところを目指せばいいのかな?」

『はい』

セツリは頷く。

「セツリ、長い話だったけどちゃんと内容理解してる?」

『はい』

「本当か?お前イマイチわかってるかどうか怪しいんだよなぁ」

「テレスの神殿っていうのは勇者様たちが魔王エゴールを倒すために力を手に入れた伝説の神殿だべ。西の大陸にあると言われてるだが、おらは行ったことがないから詳しくは知らないだ。ただ、西の大陸に渡るならまずは港に向かわねーといけねーだよ。ここから街道を南に進んでいくと洞窟があるだ。その洞窟を抜ければ港町だよ」

商人が簡単な地図を書いて渡してくれる。

「親切にありがとう」

「なーに、いいだよ。オラはアンタたちが助けてくれなかったらお陀仏だったさ。それにアンタたちが有名になったら『勇者たちが最初に守ったみどりの干物』って売り出させてもらうだ。あ、それとこれが護衛の報酬だ。色をつけといただよ!」

セツリたちは800Gとみどりの干物を2つ手に入れた!


「勇者にとって冒険の書は呪いのアイテムです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く