桜幻夢録書

あきさか

第7話 『天地改革の異変』

咲『……です。』

燈『大変な事になりそうね…。』

みちる『妖子達にも知らせないといけないかしら?』

神六『そう見たいだな…みちる、お前が作った”八咫ノ手鏡やたのてかがみ”を使って妖子達に一応連絡しておいてくれ。』

みちる『わかった!』

遊『あ、あの一体何があったんですか?』

燈『遊…貴女をここに連れてきた理由はね、今後この世界に大規模な異変が起こる可能性が大なのよ。』

遊『まさかですけど、僕の能力がないと解決しないって事ですか?』

咲『察しがお早くて助かります。そうです、遊様がいないと私達の世界が崩壊してしまう可能性が大なんです…もし崩壊してしまったら外の世界にも影響が与えられます。』

遊『…例えばどんなのですか?』

燈『そうね…小規模で言うと津波が起こったり地震が起こったり…。』

神六『大規模で例えると、津波の影響で都市が破壊されてしまうね…あと、天気が破天荒になるね。』

遊『それは嫌です…僕も異変解決に全力で協力させてください!』

燈『…ありがとう遊。貴女ならそう言って貰えて嬉しいわ。』

神六『明日、解決出来る者で集まって会議しましょうか?』

燈『それが良いわね。』

咲『至急手配します。』

燈『よろしくね。』

咲『はい。』

「桜幻夢録書」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く