話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~

堀籠遼ノ助

86 モンスター討伐依頼 新たなる力

 悲鳴を上げながら逃げ出す者。驚きのあまり腰が抜けて動けない者。突然現れた現れたグレータウルフに、皆騒然としているようだ。


 かつてギリギリの戦いを制して倒したグレータウルフ。呼吸をするだけでも、その隙を突かれて殺されそうな威圧感を感じるほどだった。


 でも、今対峙している2匹にはそこまでの威圧感はない。同じ種族のモンスターとはいえ、個体差があるのかもしれないな。あれくらいなら、ゴーレムに任せても大丈夫だろう。




「千春さん、ちょっと急用が出来ましたのでゴーレムを使いますね」
「使うって、グレーターウルフが2体ですよ? 巧魔氏のゴーレムでも流石にあれは厳しいです」
「問題ないですよ。昔倒したことありますし」
「……そういえば巧魔氏は生まれた直後に倒してたんでした。……あれを倒したんですね。
 改めて巧魔氏の化け物ぶりを再認識したです。では巧魔氏を信じてお任せしますです」
「ええ。千春さんは危ないので下がってて下さいね」


 俺はそう言ってグレータウルフに近づいた。


「おい、お前危ないぞ!」


 ごろつきが俺に注意するが、俺は無視をしてその場にとどまる。グレータウルフ達が俺に気づき、にじり寄ってきた。


 ふふふ、ようやく使える時が来たぞ。俺の特別製ゴーレムが。


「クリエイト・赤武者――蒼武者」


 俺の体から大量のマナが足元の地面へ流れていく。大量のマナを吸った大地からゆっくりと2体の巨人がその姿を現した。


 1体は額に金の三日月を冠した赤武者。森谷村の噴水でモニュメントと化しているあいつだ。


 そして、もう1体。全身蒼い当世具足とうせいぐそくにすらりとした身を包み、額に長細い角を飾っている。


 こいつらは強い。通常のゴーレムを1000体けしかけた所で、こいつらを倒すことは出来ないだろう。そのくらいの魔力を注ぎ込んで制作している。


 だか、それだけならただの強いゴーレムだ。こいつらは《特別製》 である。


『……マスター、ご命令ヲ』
『マスター、あの犬と人間をやればいいのか?』
「ああ任せた……ってちがーう! 人間はダメ、わんちゃんだけやりなさい」
『おっけー! 任されたり☆ さー、ぶっ殺しちゃうぞー☆』
『……滅殺。全殺。皆殺シ』


「お前ら、口調は全然違うんだが根は一緒だよな」
「やった☆ 青ちゃんと一緒なり☆」
はなはだ心外。食欲減退」
「はいはい、もういいから早く行って来なさい」


 お分り頂けただろうか? そう、こいつらは喋るのだ。


 俺の特魔、英霊の箱レプリカントボックスの能力によって生まれた特別製ゴーレムである。

「転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く