話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~

堀籠遼ノ助

52 焚き木の音

「ほおれ、何時まで寝とるんじゃ。もうワシの足が痺れてもうたわい」


 俺は鈴音の声で慌てて起き上がった。ここは食事をしていた豚狩村の広場だ。あたりはすっかり暗くなっている。どうやら俺は、鈴音に膝枕をされて寝ていたらしい。


「あれ、正義さんは?」
「正義ならとっくに龍都へ帰ったぞ。正義から伝言、『また会うときまでに強くなっておいてねー』だ、そうじゃ」


 そうか。俺は負けたのか。くそ、勝ったと思って油断してしまった。これではまたあの時の繰り返しではないか。


「主……。そうしょげるでない。主と正義とでは戦いの年期が違う。それに、主はどうせ手を抜いておったのじゃろ? 主のスキルは戮に対するものばかりで、制圧する為のスキルは作っておるまい」
「それは、正義さんだって同じだ。本気を出していたとは思えない。今回は完敗だよ」


 制圧用の魔法を作っておかなかったのは今回の一番の反省点だ。戮の事ばかりを意識しすぎて、頭から抜け落ちていたようだ。今後も、殺さずに倒さなければならない場面は多くあるだろうし、さっそく明日からプログラミングに取り掛かろう。


「……ところで、前から気になってたんだけど、鈴音は正義さんの事を前から知ってるの?」
「ん、答えられん」
「答えられないって……ん?」


 鈴音が何かをお尻に隠すしぐさをした。なんだろう。怪しいな。


「鈴音……、それちょっと見せ――」
「違う! これは口止め料では無いぞ! さっきそこで偶然拾ったんじゃ!」


 鈴音が慌てた様子で両手をばたつかせていいつくろう。こいつは年寄りなんだか幼いんだかわからなくなる時があるな。
 ばたつかせている手には、何やら細い木の枝のような物が握られている。マタタビのようなものだろうか?


 まあ、いい。正義さんは『またあとで』と言っていた。焦らなくても、また会うことになるだろう。


 俺は持ち上げていた頭をボフっと、鈴音の膝へ戻した。
 未だ豚を焼いていた火が残っているのだろうか。薪が爆ぜるような音が、かすかに俺の耳に届いたような気がした。

「転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く