話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~

堀籠遼ノ助

46 トンネルの先に待つ者

 開通地点に近づくと、僅かに潮の香りが漂ってきた。突き当たった壁には、小さな穴が空いており、そこから海風が吹き込んでいるようだ。


「微かに潮の香りがするのう」
「海までは徒歩2日かかるが、この時期は海風が強いから潮が香る時があるのだ。――巧魔、そこに空いている小さい穴に向けて一発頼むぜ」
「本当に、いいんですか?」


 以前から豚助に頼まれていたのだが、トンネルの開通は俺にやってもらいたいのだそうだ。
 俺は、このトンネル工事で一番苦労したのは豚助さんなのだから、当然豚助さんが開通させるべき、と主張したのだが、豚助さんいわく「俺様は巧魔の為に頑張った。だから巧魔が開通させるんだ」だ、そうだ。
「さあ、やってくれ巧魔」
「分かりました。では……」


 俺は皆を下がらせると、詠唱を開始する。


『私は魔法を行使する――
 イクス・プロ―ジョン』


 耳をつんざく爆発音と振動がトンネル内に駆け巡る。ちなみに、俺は昨年手に入れた補助能力『詠唱破棄』によって魔法の行使宣言『私は魔法を行使する』を省略する事ができる。戦闘中など緊迫した場面にはたいへん役に立つ能力だろう。


「相変わらず、すごい威力じゃのう。お、向こう側が見えるぞ!」
「やったな、巧魔! 開通だ!」


 行き止まりだったトンネルは大きく開かれ、冷たい海風が吹き込んで来ていた。


 目の前には広大なオーク平原が広がっている。


「今は丘に隠れて見えないが、此処から一時間も歩けば、俺様の生まれ故郷、豚狩とんがり村だ!」


「……あれ? そういえば、他の豚狩村の方たちの姿が見えませんね」


 いつも豚狩村から出稼ぎに来ている人達の姿が見えない。


「実は、皆祭りの準備のため豚狩村に朝から向かっているんだ。巧魔の為、オーク肉をたっぷり用意してある。ぜひ、豚狩村に招待させてくれ!」「大オヤビンだいかんげい!」


「おお、肉じゃ肉じゃ! もちろん行くじゃろ?」
「そりゃあ、朝から準備してもらってるのに断るわけにもいかないだろ」
「にゃはー! 久々の肉じゃのうーーっと、しまった」


 鈴音は慌ててお尻をパタパタと叩く。どうやら、興奮しすぎて尻尾が飛び出したようだ。にゃはーってなんだよ。にゃはーって。興奮しすぎだろ。


「おう、お前が巧魔っちか!」
「へ?」


 いつの間にそこにいたのだろうか。


 開通したトンネルの出口には、長身のイケメンが腕を組んで立っていた。


 ――誰だこいつ?

「転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く