話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~

堀籠遼ノ助

36 始動

「東商店が諸悪の根源とは、いったいどういう事でしょうか?」
「よくぞ聞いてくれた!」
「あわわ!!」


 彼が丸い体をぐいっと反らすと、慌てて女の子が後ろから支えに入った。
 ん? この子の服……もしかして……


「東商店がゴーレムを使った悪どい商売を始めたお陰で、我が豚狩村の観光収入は激減! これは東商店に盗まれたも同然だ。そこで俺様は村を代表し、盗まれた金を取り戻しに来たと言うわけだ!」


(なんだその屁理屈は。
 そもそも、豚狩村が観光を収入にしているなど聞いたことがない。あの村はオーク平原での狩猟しゅりょうが主な収入源のはずだ)


「はあ。とんだ言いがかりですね」
「……何? 言いがかりだと?! 訂正しろボウズ! 言っていいことと悪いことがあるぞ!」「アルゾ!」
「その言葉、そっくりそのままお返しします。それに、私はボウズではありません。東商店の武器造り担当、巧魔と申します」
「何? ボウズは東商店の関係者か? だが子供では話にならんな。大人を連れてこい」
「僕は『転生者』です。見た目通りの年齢ではありませんよ。なんなら、証拠を見せましょう。そちらを見ていて下さい」


 俺は噴水の方を見るように彼を促す。


「なんだあ? この噴水がどうかしたのか?」


『――赤武者。起動せよ』


 ズン、と噴水の中心から振動が起きた。ただの像であったそれの眼が蒼白い光を放つ。
 それは組んでいた腕を外し跳躍し、俺の隣に大きな音をたてて着地した。


 そしてそのまま俺の命令を待つように、方膝をついたままじっと待機している。




 対戮専用ゴーレム『赤武者』




 来るべき戮との闘いに備えて造ったゴーレムだか、俺の予想が正しければこの男は前哨戦ぜんしょうせんに丁度良い相手かもしれない。

「転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く