話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~

堀籠遼ノ助

32.5 (閑話) 某日うっかり魔女邸にて

「……そこでダンナ様は、ありがとう、と海より深い慈愛を込められておっしゃられたんだ! 俺はその時決意したんだぜ、もうこの方についていくしかないってね!」
「もう、うるさいです! その話何回目だと思ってるんですか! あと、ここは飲酒禁止です。飲む人は出てって下さいです」
「そうなの? でもそこのレストランで酒出してない?」
「今決めたです。 猿彦氏限定ルールです」
「おいおいつれないなあ、千春チャーン。ここで千春ちゃんと酒を飲むのが俺の唯一の心のオアシスなんだからさあ」
「勝手にオアシスにするなです! さあ、仕事の邪魔ですから出てって下さい」
「またまたー、最終受付時間はもうとっくに過ぎてるんだし、邪魔にはなってないだろ? 」
「猿彦氏の存在が邪魔です。」
辛辣しんらつだな千春チャン……。分かった分かった、じゃあこうしよう。千春チャンがほっぺにキスをしてくれたら――」
(ゴス)
「ったー?! 杖で顔を殴るか普通?!」


『私は魔法を行使する。
  あなたは知っているかしら――』


「……おいおいおい、魔法とか冗談だろ? しかもその詩詠唱ってまさか八つの業火オクト・ファイヤーボールじゃ……」


『 き尽くせ
  オクト……』


「だーーー?! 分かった! 帰る、帰ります! 今日の所は帰るから! また明日ね、千春チャン!」
「明日も来なくていいです!」

「転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く