話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~

堀籠遼ノ助

29 うっかり魔女邸(千春視点)

…………ボーン――――――ボーン――――――ボーン………………。


 あたしが目を覚ましたとき、柱時計の低く呻くような音は、どこまでも伝わって行く波紋のような余韻を、耳の中にまとわりつくように、いつまでも残していった。


(あれ?  あたしいつの間にか寝ちゃったです?)


 どうやらカウンターに突っ伏して居眠りしといたようだ。


 大きな柱時計は午後4時丁度になったことをお知らせしていた。受付開始時間だ。そろそろお客さんがやって来る頃だろう。


 柱時計の下ではミニゴーレムが振り子に合わせて首を右に左に傾けている。


 カウンターの左手からは、昨日からここに泊まっている何人かの宿泊客が話している声が聞こえる。
 大きな高級ソファーがいくつか設置してある歓談スペースで、宿泊客であれば誰でも利用することが出来る。


 右手はレストランとなっており、今は準備中のためお客さんは座っていないが、味の評判はなかなか良い。
 今はお客さんがいない変わりに、2体のミニゴーレムが2人掛けの丸テーブル席に陣取り、ボーッとしている。




 ここは森谷村の北側にある旅館、『うっかり魔女邸』だ。




 もともと『森谷宿』という名前で経営していたのだが、私が暇をもて余してカウンターで魔法の練習をしていたところ、うっかりボヤ騒ぎを起こしてしまった。


 それ以来、お客さんから呼ばれるようになった宿の名前が『うっかり魔女邸』だ。


 しかも、それを面白がった師匠があたしに断りもなくでかでかと『うっかり魔女邸』と書かれた看板を取り付けてしまったため、名実ともにこの宿は『うっかり魔女邸』となってしまったのだ。


(まったく師匠の人の悪さといったら無いです。それに比べて巧魔氏の懐の深さといったら)


 この宿は、森谷村を訪れる行商人が自前のテントや馬車の中で夜を過ごしているのを不憫に思った巧魔氏が、金貨5万枚もの大金を提供して建設されたものだ。
 金貨5万枚など、龍都の大貴族ですらおいそれと出せる金額ではないが、どうも巧魔氏の金銭感覚はずれているらしい。


『そうですね、余裕を見て30組ぐらい人を収容出来るような宿で、いい感じにお願いします』


 と、ざっくりとした指示を龍都からやって来たとある行商人へ出したかと思うと、後は興味を無くしてしまったのか、宿の完成まで殆ど顔を出すことは無かった。


 困ったのは託された行商人だ。


 彼の名前はあずま 猿彦さるひこ


 ここ森谷村出身の行商人である。

「転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く