話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~

堀籠遼ノ助

26 鈴音の言い訳

「今日も朝から精が出るのう。毎日毎日よくもまあ飽きないものだ」


 庭で次の作業のために待機していると、鈴音が声をかけてきた。
 今鈴音は黒猫の姿をしている。散歩をするときは猫の姿の方が良いらしい。


「飽きるとかいう問題じゃねえから。そう言うなら、お前も武器精製を手伝ってくれよなあ」
「阿呆。なぜワシがそんなめんどくさい事を」


 鈴音はぷいっと向こうを向き、尻尾をゆらゆらと揺らす。
 鈴音も『錬成』が使えるので武器が作れるのだが、めんどくさがってやろうとしない。


「少しくらい手伝ってくれても良いじゃないか」
「わからんかのう、これは主の修行なのじゃ。魔法は消費すればするほど、最大魔法量が上がる。だからこそワシは涙を呑み、心を鬼にして手伝わずに見守っておるのじゃ」


 鈴音はううう、と前足で目を覆い隠す。……涙が出てねえぞオイ。


「もう魔法量は十分過ぎる程上がってるから。毎日どれだけ消費してると思ってんだ……」
「ほう、では既に戮に勝てると?」
「うっ……。それを言われると」
「ほれみろ。魔法量が多いに越したことは無い。とすれば、ワシが手伝う道理は無いのう?」


 くそう、鈴音に言い負かされるとは無念。


「それで、今は何を待っとるんじゃ? 今日のゴーレムは創り終わったのじゃろ?」
「ああ、今日はこれから『ミニゴーレム』が補給にやってくる日だから」
「……ミニゴーレム? もしかして村中を何もせずにウロウロしとるチビっこいゴーレムの事かの?」
「何もしてないわけじゃないぞ。ミニゴーレムは重要な仕事をしてる」
「……この前ミニゴーレムが蝶々を追いかけ回しておるのを見かけたぞ。あれが主の言う重要な任務かの?」
「……そうか。うん、それについては俺も疑問に思っている。――お、来たみたいだ」


東商店を下る坂の下から、ちょこまかと小さな影が登ってくるのが見え始めた。

「転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く