話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~

堀籠遼ノ助

12 ゴブリン襲来

「これは失礼しました」


魔女っ子は菫に頭を下げた。


「ですが、巧魔氏が天才だ、というだけでは説明がつきません。生まれて直ぐの赤ちゃんが、クリエイト・ゴーレムを……しかもこのような見たこともない形状の鎧や武器を装備している形で、です。一体巧魔氏はどこでその知識を得たのでしょうか?」


(むう、魔女っ子め。なかなか鋭いではないか。しかし、このままでは魔物扱いで討伐されかねないぞ)


「やれ、仕方ないのう」


 俺以外の全員がぎょっとして声のした方を振り返る。しかし、そこには黒猫が一匹いるだけ。


「今、こっちからこえがした気がしたですが……」
「……気のせいじゃ無いかしら。黒ちゃんが話せるわけ無いしね」


 鈴音の体を蒼白い光が包み込む。猫であった体がみるみると大きくなり、おかっぱ頭の少女の姿となった。


「く、黒ちゃんが女の子に」
「はは、俺はもう巧魔の周りで何が起きても驚かねえぞ」


「さて、主がまだ上手く話せないのでワシが代わりに説明しよう。主は魔物ではなく転生者だ。グレータウルフを倒したのも主に違いない。ゴブリンは主が責任をもって蹴散らそう」


「おーうー! あーっとーうーだ! (おいいぃぃ! 勝手に何を言ってるんだ!)」


 ダメだ! 口が上手く回らん!


 「ほれ、この通り主もやる気満々じゃ」
「あーえあ!!(何でだ!)」
「あのう、話が端的過ぎてまだよく分かってないですが、とりあえずあなたは何者です?」
「うむ。自己紹介がまだだったな。ワシは鈴音。北の森に古くから住む鬼じゃ。『東の隠し干支』と言えば分かるかのう」


「アズマノカクシエト? すみません、その呼び名は存じませんが、師匠よりあの森には古くから鬼と呼ばれる存在が住んでいるとのお話は聞いていたです。まさかお会い出来る時が来るとは。あたしは天童千春。宜しくです」


(おいおい、有名人じゃ無かったんかこの猫娘)


「うん? 『東の隠し干支』を知らんのか? 200年前に人間からそう呼ばれておったんだが……。まあ良い。その、ゴブリンが襲ってくるのは何時なんどきじゃ?」


「既にゴブリン達が石槍等の装備を整えているのが、あたしの水晶で確認出来てますです。早ければ明日にでも襲ってくるです」


 水晶というのがどんな仕組みか気になるところだが、遠隔で映像を受信出来る装置の事だろう。


「ふむ。では準備を整えるとしよう。私とあるじの二人でな」


 鈴音がニヤリとこちらをみる。俺は思い出していた。こいつの願いが俺の退屈しない人生だってことを。


こうして、俺のゴブリン討伐が確定したのであった。

「転生プログラマのゴーレム王朝建国日誌~自重せずにゴーレムを量産していたら大変なことになりました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く