話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

夢と現実と狭間の案内人 [社会不適応者として生きるということ⋯⋯]

巴崎サキ

恵美との小さな事件 ②

 電車に乗っているあいだ、降りてからの帰り道、ずっと恵美の事を考えていた。


 ガチャッ!!

「⋯⋯ただいま」

 あたしは、家に着いても気が気じゃなかった。

「あらっ!  おかえり!!  今日は、早いんだねぇ!!」

 台所から母が出迎えてくれる。

(早い??)

 時計を見るとまだ18時を少し過ぎたぐらいだった。

 いつもなら、まだ部活をしている時間だ。

「ん??  あんたどうしたの??  なんかあった??」

 さすがは親といったところか。
 あたしの表情一つでなにか察したようだった。
 よほど、暗い顔をしていたのかもしれない。

「なんでもない。お風呂入ってくる」

 きっと、自分の部屋へ行ったところで母は心配してやってくるだろう。
 別に、母をお節介だとは思わないし、当然嫌いでもない。
 少々口うるさいところはあるが、あたしは母が好きだ。
 だけど、あたしは今誰とも話したくなくどうしても一人で居たかった。
 それを叶えるに、お風呂という環境は絶好の場所だった。


 湯船に浸かり喫茶店でのことを思い返す。

 あたしのしてしまった事⋯⋯

 あたしが逆にされたら、どう思うだろう⋯⋯。


(咲希⋯⋯つまんない??)



 あの時の恵美の言葉と表情が鮮明に甦る。

「えみ⋯⋯。
あたし⋯⋯明日どんな顔して会えばいいんだろう。
怒ってるよねぇ。
嫌われたかなぁ」


 2時間程たっただろうか。
 母の罵声が響き渡る。

「咲希っ!!  あんた、いいかげん出てらっしゃい!!  ご飯だよっ!!」

(⋯⋯げっ??  マズイ!!)

 こうなると、もうここにはいられない。
 父も順番待ちしていることだろう。
 痺れを切らすとまずい。
 さっさと出ないと、あたしの父は誰が入っていようと容赦なく入ってくる。
 それが、たとえ娘であってもだ。

「⋯⋯はいはい。 あっ!  お母さん、ごめん。 今日、あたし夕飯いらない。食欲ないから⋯⋯」

 そそくさ着替えて脱衣所を出ると父とすれ違う。

「なんだ。もう、出てきたのか。せっかく一緒に入ってやろうと思ったのに!!」

 父は、半ば冗談に聞こえない冗談を言ってくる。

「残念でしたぁ~~♪」

 と、あたしは茶化した。

 すると、父は「にやっ!」と笑ったかと思うと、左手であたしの頭をクシャクシャ撫でて風呂場に入っていった。


 いつもは、そんな事してこないのに⋯⋯。


 あの大きな手


 どこか妙にほっとしている自分がいた。

 もしかしたら、母が父にあたしのことを「何か様子がおかしい」とでも話したのかもしれない。
 なんにせよ、父の手があたしに落ち着きと勇気を与えてくれた。

(一人で悩まずに、相談してみよう)

 あたしは自分の部屋に入ると、ベッドの脇にしゃがみこむ。

 ピリリリリリッ!!
 ピリリリリリッ!!

 あたしの携帯だ。

 電話は⋯⋯明日香からだった。

(⋯⋯そうだよ。明日香に相談しよぅ)

「⋯⋯はい。もしもし」

「咲希⋯⋯ちょっと、声小さくて聞きにくいんだけど!!  ⋯⋯あんさ~。あんた、恵美となんかあったわけ??」

(⋯⋯明日香⋯⋯もう知ってるんだ⋯⋯)

「⋯⋯⋯⋯うん⋯⋯。
   ⋯⋯ちょっと⋯⋯」

「さっきさ~。恵美あいつから電話あったんだけど⋯⋯泣いてて何言ってんだかさっぱりわかんなくてさ~。とりあえず、あんたの名前は聞き取れたから聞いてみようと思ったんだけど⋯⋯」

「⋯⋯うん。実は⋯⋯」
                   ・
                   ・
                   ・
                   ・
 一通り明日香に話し終わる頃には、あたしもしゃべれなくなっていた。

「さ~き。泣くなよ~」

「あ⋯⋯あた⋯⋯あたっし⋯⋯ひっひど⋯⋯いよね⋯⋯ぇ。 っ っぅ  あすかぁーーー!!」

「あ~~~も~~~。わ~かったって!うるさいなぁ!!  あっちもピーピー!  こっちでもピーピー!
ったく、よ~泣きやがるなぁ!!
まぁ、二人しかいないのにしゃべっとる最中に目の前で寝ちゃったり、適当に返事したのは⋯⋯よくはねぇわな!!
けど、つまらんとかの理由でわざと寝たり返事したわけじゃないんだろ??」

「そ⋯⋯そん⋯⋯そんなこ⋯⋯こと⋯⋯⋯⋯しないよぉ」

「だろうねぇ!!  あんたはそんなことしねぇわなっ!!
ったく、あたしがいないとほんとおまえらダメだなぁ!!
じゃ~明日、あたしが間に立ってやっからちゃんと誤解解いて仲直りしな!!
恵美も別にあんたの悪口とか言ってなかったし。
なんか、自分はつまんないだとか、なんとか⋯⋯自分責めてるような感じだったかなぁ??
⋯⋯何言ってんだかわかんなかったけど。
今から、恵美んとこ電話してみっから!  じゃ~切るよ!!  ちゃんと寝ろよ!!」

「⋯⋯うん。⋯⋯あすか⋯⋯ありがと」

「はいはい。
恵美あいつまだ泣いてんじゃねぇだろうなぁ⋯⋯。  じゃ!  おやすみぃ~!!」

「うん。おやすみぃ」

 プツッ!!

(明日香⋯⋯ありがと)

 あたしは、携帯を眺めながらしゃがみこむと、膝を抱えしばらくその場で泣いていた⋯⋯。




 あした⋯⋯おねがいしてみようかな⋯⋯

 いえるかな⋯⋯いえたらいいなぁ⋯⋯

「夢と現実と狭間の案内人 [社会不適応者として生きるということ⋯⋯]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く