話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

夢と現実と狭間の案内人 [社会不適応者として生きるということ⋯⋯]

巴崎サキ

朝の日課 ①

 私は、小学生のころから寝起きが悪かった。


 朝の始まりは必ず毎日、母の怒鳴り声から始まる⋯⋯。



 「咲希!! いい加減起きなさいっ!! 何回起こされれば気が済むの!!」



 業を煮やした母が、布団を剥ぎ取り無理やり起こしにかかる。

 私は、意識が朦朧とするなか体だけ起こしそのまま座り込みながらぼ~~っとしている。


 20分程そうしているだろうか⋯⋯。


 私は当時、母がなぜ毎朝怒っているのか解らなかった。

 私のなかでは、一度しか起こされた覚えはない。

 よくよく聞くと母は毎日何度も起こし、その度に毎回私は返事をしているらしい⋯⋯。


 ただ⋯⋯まったく記憶にないが⋯⋯


 学生時代(小・中・高)の間、私の朝の始まり方は変わらない。


 『怒鳴られ』→『ぼ~~っと』→『怒鳴られ』→『ふらふら~~』→『怒鳴られ』→『あわてて出かける』


 このサイクルが変わることはなかった。


 毎日ギリギリに家を出ると、小・中と学校までダッシュ!!

 高校に上がると自転車で駅までダッシュ!!

 社会人になった今でもそれは変わる事はない。


 駅に着き電車に乗り込むと、そのまま手すりにもたれ掛かかって立ったまま寝てしまう。


 これが、私の日課になっていた。




 睡魔との戦いは今からおよそ12年前。

 私が高校生の時だった。






 高校1年生(16歳)

 某高等学校に入学する。

 中学校から引き続き、ソフトテニス部に入部。

 中学校時代と同様、ここでも高校2年から部長になる。


 高校一年のこの頃、朝の日課(?)は相変わらず変わることはなかったが、授業中知らぬ間に寝てしまう事はなく、放課(休み時間)もみんなとしゃべり倒し体育では大暴れ!!
そのまま部活(ソフトテニス部)に行きヘロヘロになって帰る。


 帰りの電車では疲れて熟睡。

⋯⋯。


 まぁ、いたって普通の高校生だったと思う。



 異変は、翌々年




 高校3年生(18歳)


 このあたりから⋯⋯⋯⋯。

「夢と現実と狭間の案内人 [社会不適応者として生きるということ⋯⋯]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く