話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

夢と現実と狭間の案内人 [社会不適応者として生きるということ⋯⋯]

巴崎サキ

* 目が覚めて ④

 ”諦めるなっ!!”





(えっ??)



 私の脳裏に突如響き渡る声。



 それは、彼氏の声だった。



 私は、過去何度となく ”諦めるなっ!”  と、いう言葉を彼に掛けられ続けていた。






―――――

「⋯⋯なぁ。おめぇ、なにかに付けて諦めるのはえ~よ!!」


「えっ?⋯⋯だって、できないんだもん!」


「⋯⋯だもんじゃねぇよ!
始めっからできる奴なんていねぇって!!
できねぇんなら、できるまでやってみなよ!!
教えてやっから!!
まったく、すぐ諦めやがってっ!!」


「できないんだから、やってくれればいいじゃん!!
もぉ~、冷たいなぁ!!」


「いや⋯⋯だから~冷たいとかそういう問題じゃなくって、オレとか助けてくれる人が回りにいなかった時、一番困るのはおまえなんだぞ!!
だから、簡単に諦めんなっ!!」


 諦めんなっ!!


 諦め⋯⋯



―――――――



(⋯⋯んな。

あき⋯⋯ら⋯⋯

諦め⋯⋯⋯⋯)



 ”諦めんなっ!!”




「ッツ?!」



(うん。
そうだね。
私、諦めない。
こんなとこで⋯⋯終わりたくない)



 私は『キッ!!』と決死の目で玄関を見る。


 すると、玄関の横の壁に赤枠に囲まれたボタンが目に入った。


(非常⋯⋯用⋯⋯ベル??)



 あれ⋯⋯あれさえ⋯⋯⋯⋯


 ⋯⋯あれさえ鳴らせれば⋯⋯



 這いながら


 それでも、少しずつ少しずつ確実に出来る限り早く進んだ。



 振り返らない。


 泣き言は言わない。




 そして、諦めない。




 ただただ、目標に向かって突き進む。




(⋯⋯着いた。
あとは、押すだけ⋯⋯)


「⋯⋯ぅう。っくぅ~!!」





 ジリリリリリリリッ!!



(やった! お願い。誰か⋯⋯誰か来てっ!!)



「いや、違う⋯⋯まだ、
まだ、終わってない。
頼っちゃダメ。
ここから、出なきゃ。
諦めちゃダメ。諦めちゃ」



 ガチャ!!

 玄関の鍵を空けたその時⋯⋯



 ガシッ!!



「えっ??」


 ズルズルズルズルズルズルッ!!


「いやーーーーーーッ!!」




 両足を掴まれ、俯せのまま一気にリビングまで引きづられていく私。


「いやっ!!離してっ!!

ぃやだぁ!!」




 ガシッ!




 ガシッ!




 ガシガシッ!!





 “それら”  は、必死に抵抗し、ばたつかせる両手足を押さえつける。

 手の空いてる最後の  “それ”  が背中へと飛び掛かってきた。



「ぅぐっ!
ゲホッ!ゲホッ!」


 後頭部から髪を鷲掴みにされ首をグイッと起こされる私。


 これからされる事を見ろと言わんばかりに。



「⋯⋯いやっ!
やだっ!!」


 開かれ⋯⋯




「うッ⋯⋯ぅうう。」




 伸ばされ⋯⋯




「⋯⋯ダメッ!!
そこは⋯⋯お願い⋯⋯
やだっ!
やめてっ!!

イヤーーー--------ーッ!!」




 一気にっ!!






 ズシュッ!!


 視界に閃光が走ると同時に、激痛で全身が跳ねっ返る。

 しばらく痙攣を繰り返す私。

「ハッ⋯⋯ハッ⋯⋯あぐっ⋯⋯
ッッ!!ッツ⋯⋯った⋯⋯い⋯⋯」




 吹き出す自らの鮮血を見せられながら、徐々に意識が遠退いていく。


(⋯⋯⋯⋯君。
わ⋯⋯わた⋯⋯し

諦め⋯⋯なかっ⋯⋯た


最後まで⋯⋯諦めな⋯⋯)



⋯⋯⋯⋯⋯⋯。





「夢と現実と狭間の案内人 [社会不適応者として生きるということ⋯⋯]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く