話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

太陽の王と月の女神
ファンタジー

連載中:4話

更新日:

太陽の王と月の女神

  • あらすじ

     主人公・朝日 白夜(あさひ びゃくや)による
     異世界生活で繰り広げられるファンタジー。
     
     ある日の午後8時、毎年開かれているお祭に
     幼馴染の 水無月 聖玲音(みなずき せれね)
     と来ていた。
     
     2人はお祭りの雑踏の中、休憩する為に
     神社の石段に座っている。
     
     ふと目を向けると、見慣れない祠がある。
     聖玲音「ねーねー白夜」
     白夜「ん、どうした?」
     聖玲音「あんな所に祠なんかあったっけ?」
     白夜「んーあったような、なかったような」
     聖玲音「絶対なかったよー、行ってみよ?」
     白夜「いいけど、ほこらなんかどうでもよくない 笑」
     満面の笑みで、白夜の手をとり祠に2人で向かう。
     
     2人が祠の前に近づくと、突然祠が光り出し
     2人を眩い光が包む‥
     

「太陽の王と月の女神」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品