話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔物使いの冒険者

7mi

6 3つのスキル

ガラガラガラ
 ガラガラガラ

 ルーレットが回り始める。
3本持ち1本ずつ投げる。

 「投げきったねなら止めるよ。」

 「あ、ああ」

 「君のスキル3つが決まったよ!まず1つ目は経験値取得量増量(極大)」

 なんかパッとしないな?

 「そのスキルは強いのか?」

 「これは結構強いね!おめでとう!このスキルの効果はね名前のとおり君がもらえる経験値が増えるよ」

 つまりその分人より効率よく強くなれると言うことか

 「たしかにかなりつよいな!大当たりじゃないか!」

 「そうだね、これは大当たりといって問題ないよ!じゃあ2つ目ね、2つ目のスキルは鑑定眼だよ!これは定番だけど使いやすくて便利なものだよ!しかも普通の鑑定よりも詳しく見れる鑑定眼かこれも大当たりだね!」

 俺でもラノベとかで聞いたことあるくらいだから定番なんだろう。

 「じゃあ最後のスキルいこうか。最後のスキルは強化魔法だね!うーんこれはぼちぼちかな?」

 ぼちぼち…。ま、まあ2回も大当たり来たわけだし問題ないね!

 「まああっちでほしいスキルがあれば手に入れればいいよ!」

 そうだよなあっちでもスキルは手に入れられるしいいかな!

「魔物使いの冒険者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く