話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔物使いの冒険者

7mi

5 ルーレット


「そうかいそうかい、転生するのかなら君には着いてきてもらおうかな。猫ちゃんはちょっと待っててね」

 「にゃぁー 」

 猫が返事をしたあと自称神様が歩き出して先程まで玉座と同様になかった扉が現れ

 「ここに入ってから色々説明するね。準備はいいかな?」

 「ああ、もちろん」

 扉をあけ自称神様と入る。そこには大きなルーレットとがある。

 「まずはスキルを決めるよ」

 「スキル?」

 「そう、魔法や剣、魔物がいるんだからそれに対抗する何らかの手段が必要だろ?それをこの目の前にある色んなスキルが書かれた大きなルーレットで3つスキルを選ぶことになるよ」

 ルーレットって言うことは完全に運なのか…ちょっと心配だなあ。

 「ルーレットで選ぶと行ってもあっちでスキルを入手する方法はあるからあんまり気にしなくていいよ」

 自称神様の発言を聞きほっとする。ここでいいのを当てなくてもあちらで手に入るのか、それでもやっぱりここで強いのを手に入れるに越したことはないな。

 「じゃあ早速だけどルーレットやっていいかな?ルーレットが回りだしたらそこにある3つの矢でルーレットに向かって投げてね」

 「わかった。ルーレットを回してくれ」

 

「魔物使いの冒険者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く