話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔物使いの冒険者

7mi

4 使命?そんなものないよ


「転生って赤ちゃんに生まれ変わるって事か?」

 「そうだとも、赤ちゃんの頃から鍛えて最強の冒険者に!いいねいいね!夢が膨らむね!」

 赤ちゃんからの人生か…って!

 「ぼ、冒険者ってなんだよ!日本に、というか地球に転生するんじゃないのか!」

 「あれ言ってなかったけ?君たちが転生をするのであれば魔法や剣、魔物と言ったものが出てくる世界に行くことになるよ」

 「それじゃまるでファンタジー世界じゃないか。」

 「そうだねゲームやアニメの世界の様な物だと思って貰っていいよ。それでどうするかな?君たちは転生するかい?」

 正直に言えば未知なる物が多すぎるから転生したくない気持ちも少しばかりはある。だがわざわざチャンスくれるのには何か意味があるのかもしれないな。

 「あの、なぜわざわざチャンスをくれるんですか?何か使命とかあったりでもするんですか?」

 「え?ないよそんなもの。」

 ないのかーーい!深読みしたのがバカだった。

 「しいていえば君みたいな面白い子を早くに死んでしまったことが勿体ないからかな?だからこそ転生して楽しんでほしいとは思うかな。」

 自称神様めっちゃいいやつ!よし決めた俺は

 「転生するよ!」

「魔物使いの冒険者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く