話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

食用キノコによる、地味な世界征服

草笛あたる

人間は奴隷


 夕方。
 仏壇の部屋。
 隙間風がそよそよ入っている。
 囲炉裏いろりを囲んで女の子2人と母親が手を合わせた。

「「「いただきまーす」」」

 欠けたお茶わんもさることながら、麦めしと山菜を鍋で煮込んだだけの質素な食事だ。
 それでも楽しそうに会話をして微笑ましい。

 突然乱暴に戸が開いた。
 3人はびくんと身体を震わせる。
 驚いたことに入ってきたのだ、ブタ人間が。 

「い、いらっしゃいませ……」
 
 母親は箸をおき、おどおどブタ人間に近寄る。
 食料が入った竹カゴを渡すと、ブタ人間の平べったい鼻が醜く歪んだ。

「これだけ?」

「すいません。雨が多くて、採れませんでした……」

「雨だろうが、獲れと言ったら獲れっ!」

 バシッ! とブタ人間が母親の頬を叩いた。

「も、申し訳ありません……」

 口端から出た赤い血が頬を伝う。

「奴隷ごときが、雨だから外にでない? 笑わせるなっ!」

 奴隷ごとき。
 ノブナガは、妹ミキの胸ポケットから様子を伺っていた。
 女の子2人は囁く。
『くそっ! よくも母さんをっ!』(ぶつぶつ)
『徴収日、最悪……』(ぶつぶつ)

「まあ、よし……。今日は、楽しむつもりで来たんだから」

 ブタ人間はニタニタしながら畳にあがった。

『楽しむ……』

 ミキの鼓動が早くなる。

「お、お姉ちゃん……」

 固唾を飲んだミキが震えながら手を伸ばすと、姉もガタガタ震えていた。 
 寄り添う女の子の真ん中に、ブタは臭い身体をねじ込んであぐら座りをする。
 両腕に幼い姉妹を抱き、

「寂しかったかぁ? ぶひぶひっ!」

 黄色いヨダレを垂らしながら、姉のもんぺの中に手を入れてまさぐり、顔をべろべろと舐めた。
 姉は抵抗しない。できない。
 引き攣った顔で、ブタに汚されるのを耐えるだけ。
 母親は顔を背けて俯いているだけだ。 
 
 幼い子供への性的虐待。
 人間はブタの奴隷であり、玩具でしかないという現実に、ノブナガはやるせない怒りがメラメラと込み上げてきた。
 その時だった。
 
「おっ! ケンジンノコじゃねーか!」

 妹のポケットに収まっていたノブナガを、ブタ人間が鷲掴みにする。

「あっ、ダメ……っ!」

「うるせぇ!」

 取り返そうとしたミキだったが、バシッと勢いよくはたかれた。
 
「……」

 キノコの10倍はあるだろうデカイ豚顔が近づく。
 珍しそうに見つめられた。

「間違いない。
 薬用ケンジンノコだ。高値で売れるぞ。
 お前たち何処で採った? 1本じゃないだろう」

 ブタ人間に問い詰められ、女の子たちは恐る恐る正直にノブナガとの出来事を話した。

「歩いてただと? 嘘をつくな! 
 ご主人様をバカにしてやがる。よーし、採取場所を吐くまで、地獄の罰を与えよう」

 採取場所を知りたがる――。
 最初の場所。子供たちがいるあの場所だ。
 
 女の子は、「違います、本当です!」と泣きながら力説するが理解してもらえない。
 2人とも裸にされ後ろ手に縛られ、ノブナガはブタ人間の腰の袋に収められた。

 女の子たちを助けたい。
 キノコ神の命を受けたからじゃない。
 本心でノブナガは、そう決意した。
 
 まずは、根を細長く変形させて袋から出し全方位確認。
 ブタ人間の腰ホルダーに狩猟ナイフを見つけた。
 ナイフの柄にGOZONGOと記されている。

 どうする。
 根でナイフを抜き取れても、刺す力はない。
 根が折れるか切れてしまうだろう。
 ブタ人間は女の子たちを四つん這いにさせ、自分の股間から出した臭い棒を舐めるように言った。

「へっへっへっ、綺麗にしろよ。
 歯を立ててみろ、命はないからな」
 
 姉が言われるがままにする。するしかないのだ。
 ブタは、躊躇していたミキの頭髪を掴んで股間に引き寄せる。
 長い異肉の先端を、ミキの右頬に押し当てながら。

「おらおら、死にたくないだろ? お前も口で奉仕するんだ!!」

 やりたい放題だ。

「よし、今度は俺様にまたがるんだ。合体させてやる。
 人間風情が豚間とんげんの俺様と合体だぞ、光栄に思うんだな」



「食用キノコによる、地味な世界征服」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く