話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

鬼戦士になったんで世界救うわ

黒狐

3,

デート当日

「いやぁ〜、舞ちゃん早く来ないかなぁ」

俺がそう思っていると、向こうから女性が走ってくるのが見えた。

「先輩!遅れました!」

舞ちゃんだった。俺は、頭を横に振りながら、

「いや、全然待ってないから大丈夫だよ」

(まぁ実は、このデートが楽しみすぎて集合時間の30分前からいたんだけどね)

「よし!じゃあ舞ちゃんの行きたい所、どんどん行こうぜ」

‥‥‥‥‥‥‥‥

「ん?舞ちゃん?」

「あ、はい!どんどん行きましょう!」



それから俺たちは、映画を観たり、水族館でイルカショーを見に行ったり、2人でご飯も食べた。彼女出来なかった歴17年の俺には、この何気ないデートが、幸せだった。

午後6時、

「はぁ、今日は楽しかったね舞ちゃん!」

すると、舞ちゃんは今日一番の笑顔で、

「はい!すっっごく楽しかったです!」

(あああ!可愛い!可愛すぎる!もう舞ちゃんを一生大事にしよう!)

すると、舞ちゃんはぼくの手を引っ張り、

「先輩‥‥こっちに良い所があるんです!」

「え、良い所って?」

「いいから♪」

(ええええええ!これってもしかして、ホ、ホテル!?いやいやナイナイ‥‥よね?)

すると電灯も人気もない裏路地へと連れてかれた。

俺は、恐る恐る舞ちゃんに聞いてみた、

「ま、舞ちゃん?なんでこんな所に?」

そして、舞ちゃんは悲しそうな顔をしてこう言った。

「一つ、私の願いを聞いてくれますか?」

「え?できることならなんでもやるよ!」

そう言うと、舞ちゃんは笑いながら、

「‥‥‥ください」

「へ?」

「死んでください」

次の瞬間、黒く尖った物が俺の腹に突き刺さった、


ゴプッ‥‥

「な、何を‥‥!?」

すると、舞ちゃんはさっきまでの口調とは全く違う声で、

「いやぁ〜先輩〜あなたは、私達の目的に邪魔な存在なんですよ〜。だ・か・ら・消えてくださ〜い」

すると、その尖った物を俺に向かって飛ばした、


ボシュッ!

そんな音と共にその尖った〔爪〕は俺の心臓部分に直撃した。

ガフッ‥‥

俺は倒れた、

「フフフ‥‥流石にもう死んだでしょう?
痛い?先輩♪」

そして、舞ちゃんはどこかへ行ってしまった。

(ち、畜生‥‥嘘だろ‥俺‥‥‥死ぬのか?い、嫌だよ‥ま、まだやりたい事が‥‥‥たくさん‥‥あるんだよ‥ちく‥しょ‥ぅ‥)


その後、俺は確かに絶命した‥‥したはずなんだ‥

「ハッ!?」

俺は、気づいたら自分のベットに、いた、

(う、嘘だろ!?なんで生きてんだ俺!?)

すると、下の方から母親の声が聞こえた。

「ダイ鬼ー、もう学校行く時間でしょ?早く降りて来なさーい」

(何故かよく分からないが‥‥‥‥俺は‥‥‥生き返った)



                                            つづく









はい!どうも!黒狐です。

2話書いてみたんですけど、どうでしょうか?なおすべき所など、ドシドシコメントして下さ〜い!!












「鬼戦士になったんで世界救うわ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く