売れないホスト物語

kg

出勤1日目

「おはようございます!」

ホストは何時に出勤しても基本的におはようございますと挨拶する。

今日から出勤かと思うとワクワクする。

「よろしく」

内勤(ボーイ)のマキオさんだ。

肩に着くか着かないかくらいの茶髪でやんちゃな兄ちゃんみたいな感じの人だった。

顔色があんま良くない人だった。
怖くて聞けないがクスリとかやってるのかなぁ。

SV(スーパーバイザーの略)というよくわからん役職の人だった。

ホストは基本的に意味わからん役職が多い。
ホストですらそれが偉いのかよくわからん時がある。

軽く雑談して時間になったらマキオさんが

「そろそろやるか」

と言って立ち上がった。

ホストが一番最初にする仕事がなにかわかる?
酒の作り方?接客の仕方?テーブルマナー?

全て違う。
正解は店の掃除だ。

ほとんどの店は売れてないホストの内勤が営業前に店の掃除をする。
そのため、売上のないホストは営業の一時間前には店に来て掃除をしなければならない。

逆を言えばある程度の売上があれば掃除をしなくていい。

マイペットとモップを使って店の床を掃除する。これがけっこう疲れる。
なにせ店全部やらなければならない。

「掃除出来ないホストは売れへんぞ~」
マキオさんが言った。

まあ気持ちもわかるがやっぱりめんどい。

掃除が終わったら一服タイムになる。

俺は吸わないが皆吸う。
俺にはいらない時間だった。

ちらほら売れてるホストも出勤してくる。

カナデさんもオープンしてちょっと経ってから出勤してきた。

「カナデさん、おはようございます!」

「おっ、ゲンキー!入店おめでとう~これから頑張ってこ~」

相変わらず同い年とは思えないオーラ。

掃除が終わり待機。

するとマイクで「ゲンキブース(DJブースまで来いという意味である。)」と呼ばれる。

ブースに行くと

「ゲンキ、研修しよか」

VIPルームで待機しとけとの指示に従い待機。

「じゃ、研修しよか!その前にうちの店の事から説明するわ!うちの店エースターは系列店が大阪にも何店舗かあるんよ。一部やったらうちのエースター、エーライズ、二部はエートリー、三部はザード」

「一部ってなんですか?」

「一部ってのは時間帯のこと!一部、二部、三部ってのがあって一部は大体19~25時、二部は朝3~9時、三部は11~17時って感じやな!」

「昼に来る人いるんですか?」

「あんまおらんなぁ!ギャハハ!」

相変わらずの笑い声である。

「じゃ研修するよ!」

研修が始まった。


「売れないホスト物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く