売れないホスト物語

kg

体験入店

セラさんと一緒に席に向かった。
正直に言うとその時のこと緊張し過ぎてなにも覚えてない。
ホストに聞くと皆そんなもんらしい。

酒をもらって飲んだ気がする。
女の子あんま可愛くなかった気がする。
セラさんの笑い声うるさかった気がする。

とりあえずそんなもんで一瞬で終わった。
それを3組くらい連れ回された後、またVIPルームに連れてかれた。

「どうだった??」タバコ吸いながらセラさんが聞いてきた。

「緊張し過ぎて。。。」

「最初はそんなもんや!ギャハハ」

タバコくせぇ。俺はタバコを吸わない。吸い方すらわからない。
煙を肺に入れるってなんやねん。
ふかすってなんやねん。
そんなレベル。

ホストの9.5割はタバコ吸うor吸ってた

「よかったら一緒に働こうよ!」

皆に言ってるんやろうなと思いつつちょっとやってみたさはあった。

そもそも俺は自分の知らない世界に興味がある人間だ。基本的に好奇心がある。飽きっぽいけど。
やったことないのはとりあえずやってみたい。

あと仕事中に酒が飲めるってのは斬新だった。

「とりあえずあとでカナデさんに連絡します!」

と言って
給料として貰った5000円を手にして店を出た。

カナデさんからは
「今日あんまり喋れなくてごめんよぉ!どうだった?」

というLINEが来てた。

カナデさんは体験入店めんどくさくて構いたくないとかではなく
売れっ子ホストのためお客さんが多く、体験入店の人間に構ってられない様子だった。

「楽しかったです!入店します!」

即返信した。

行動の早さ、決断の早さだけは自慢できる。

「おお、明日とか来れる?」

早速体験入店の次の日に入店した。
まだ大学生だったのでシフトで入店した。

(シフト=バイト、レギュラー=社員みたいな感じ)

4回生の8月だったので辞めるつもりはなかった。というか、大学自体が国家資格を取得出来るとこだったので国家資格はとりあえず取っておきたかった。

「国家資格の試験が終わったらレギュラーで入店する」

そういう約束でシフト入店した。

だが、実は就職先は決まっていた。

国家試験は来年の2月。
半年間くらいはシフトで働いて辞めようと思っていた。
そのくらいにはもう飽きてるだろう。
その程度だった。

そんなこんなで出勤1日目が始まった。


「売れないホスト物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く