売れないホスト物語

kg

ホストとの出会い

「仕事しながら酒が飲める!」その一点くらいなもんだった。ホストを始めた理由をよく聞かれる。

「金がほしくて?女を作りたくて?」

違う。仕事中に酒飲めるなんて最高だろ。これに尽きる。


俺は東北の田舎で生まれた。コンビニまで車で30分かかるような所である。そんな俺がホストをするなんて思ってもなかった。


「ゲンキ!次B2の席、シャンコ(シャンパンコールの略)お願いできるか!?」


ゲンキは俺の源氏名だ。

源氏名に深い意味はない。


ホストをしている場所は大阪ミナミ。

大学で大阪に出できた。大阪の大学に進むために大阪に来たが、その大学に行きたいからではなく大阪に来たいからその大学にした。

大阪の授業は退屈だった。

単位落としたことはない。


4回生(関西では○年生ではなく○回生という)になって

夏休みで暇な時、なんとなく取った出会い系アプリからこんなメッセージがきた。


「ホスト興味ありませんか?!今なら4,5時間程の体験入店するだけで給料もでますよ」


写真見てみたらめちゃかっこいいホストからだった。


ホストか。給料もらえるなら試しに行ってみようかな。


「興味あります」


すぐ返信した。


まあ話のネタにでもなるか、くらいなもんだった。


当日、とりあえず服装もまったくわからないので黒のジャケット羽織って無難な服着た。さすがに緊張した。

19時に店の近くの橋で待ち合わせだった。

そのホストは「カナデさん」という名前だった。


時間少し遅れくらいにカナデさんは来た。


めちゃかっこいい。


そのまま店の中に連れてかれた。

なんかキラキラして薄暗いとこやなって印象だった。


「まず軽く面接があるので~」

カナデはそう言ってどこかに行った。

VIPルーム(ホストもキャバクラも大体フロアとVIPがある。セット料金が高い方)に連れてかれて座ってたら

ウーロン茶を持ってきた小太りで人の良さそうな人が来た。手には何枚か書類を持っていた。


「セラって言います今日はよろしく!」


名刺を渡された。かっこよくはないけど同性からモテそうな良い兄ちゃんみたいな人だった。


「最初に履歴書とこの書類書いてもらえる?あと免許証のコピーもらってもいい?」


「あ、はい」


履歴書は至って普通の物だった。


書き終わってからセラさんと世間話をした。


カナデさん、セラさん、俺、全員同い年だった。当時21歳。


カナデさんが自分と同い年というのは衝撃だった。


「あのオーラで21歳!?すげぇ」


「そやろ!老け顔やろ!ギャハハハハ!」

セラさんはとにかくよく笑う。その笑い声だけで面白くないことでも面白いと勘違いしてしまう程だ。


セラさんのお陰で緊張がだいぶほぐれた。

やっぱりそういうのうまいなぁと心の中で思った。


「じゃ実際一緒に席についてみようか!」


セラはそういうと立ち上がった。



「売れないホスト物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く