最強の勇者ですし魔王も倒したんでパーティーメンバーにセ◯レになってもらおう思います。《フラれました辛い》

吟遊詩人

雷光ユウシア

強さ、とは様々な種類が存在する。

例えば戦闘において100戦96勝、
ならばそれは【武力】においての強さ、と言えるだろう。

努力、計画性、指揮を執る腕前、それらは言うなれば【賢さ】の強さだ。

自分の国の王の名は誰だって知っている。
語るとするなら、それは【名声の強さ】、とも言えるだろう。

…ならば国王が【名声の最強】か?

否、

【かつて武の最強】とまで言われた大国
【アンタレス】、それを滅ぼした魔王が存在した…

そう、実に六ヶ月前に。

【ユウシア・ライトニング】

この国【アルデバラン】が認め、
【魔王討伐の命を受け、
そしてたったの三ヶ月にて最強の魔王を倒した勇者】
彼こそがこの世界において
【名声の最強】と呼べるだろう。

「最強の勇者ですし魔王も倒したんでパーティーメンバーにセ◯レになってもらおう思います。《フラれました辛い》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く