140文字のお話

みず

『トリック オア トリート』

その言葉を真面目な委員長に言うこと自体がちょっとしたイタズラのつもりだった。

おもむろにポケットからキャンディを取り出すと、不真面目な委員長は包み紙を剥がしてそのまま自分の口へ運んだ。それなのに。

「キャンディ、いる?」

戸惑う僕に、もう一個あるよ?とご機嫌そうな委員長。

「140文字のお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く