140文字のお話

みず

『友達の作り方』

力の抜けた手から、分厚い説明書が滑り落ちた。

「くそっ」

細かい部品だった友達。

初めての友達がようやく完成したんだ。それなのに…

『左足の裏にある心臓のツボを押しながら、両耳を引っ張り、同時に鼻を押すと電源が入ります』

どうしろっていうんだよ…。

「140文字のお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く