140文字のお話

みず

『謎のQIダンス』

放課後。二人っきりの教室で、彼がおもむろに机の上に立った。

体をくねらせ、回って飛んで、キュッと上履きを鳴らして、どや顔。

「え…何?」

「きゅ、求愛ダンス」

息を切らして、顔を赤らめて。


ふと思い出して、いつも気になる。QIダンスとはなんだったのか…。

「140文字のお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く