140文字のお話

みず

『おやつのじかん』

その柔らかなボディにとっては絨毯すらも固すぎた。

べちゃっと悲しい音を立て、僕のプリンは四方に散った。


ニヤニヤと僕を見つめる小さな悪魔。

こいつは人の不幸が大好物なんだ。


僕の周りをクルクル回ると、フォークに絡まった灰色の何かをうまそうに啜った。

「140文字のお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く