140文字のお話

みず

『宇宙戦争の発端』

小さな丘で少女が一人、夜空を仰いでいました。

「わぁ…きれい」

突然降ってきた、銀に輝く流れ星。


「あ、お願い事しなくちゃ」

お星さまは一筋の光を残し、すでにどこかへと消えていましたが、少女は手を組み、願います。


『みんな仲良くなりますように』

「140文字のお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く