140文字のお話

みず

『嘘』

「私は嘘つきだ」

このシンプルで単純な一言が、素敵だった世界をフリーズさせてしまったらしい。

嘘つきがいなくならないのなら、嘘をなくせばいい。そんなメチャクチャな理屈で、神様はみんなの言葉に魔法をかけたんだ。


「今のは、嘘だよ」

困ってる世界にそう言ってあげた。

「140文字のお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

  • 淺井 哲(あさい てつ)

    神様が嘘つきになってしまって結局矛盾が生じるってやつですね!面白かったです!

    0
コメントを書く