140文字のお話

みず

『左利きの彼女』

控え目な胸を介して伝わってくる鼓動。耳にかかる吐息。


「私は鏡の世界から来たのだ」

何気なく言った僕の「左利きなんだね」に、不思議の国からやって来たお嬢様は確かにそう言っていた。


拭い切れない違和感。

僕と彼女の心臓は何故だかぴったりと重なっていて。

「140文字のお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く