オルフェウスとエウリュディケが機械人形であっても

綾崎真澄

 オルフェとエレンは、まだ暗い路地の中を彷徨っている。手を繋ぐことをやめて、オルフェが先立って前を歩いていたが、次の角を曲がろうとしたその時、オルフェはピタッと動きを止めた。目をいつもより大きく広げて、瞳はまるで獲物を狙う山猫のように鋭い光を放っている。
「気をつけて。誰かにつけられてる。」
 オルフェは小声で伝えると、再び歩き出す。そして、いつでも戦闘状態になってもいいように、銃を下げている腰の辺りに右手を近づけた。
 空気が刺々しく感じられる。気温は15℃程だが、この辺りの湿度が異常に高いせいなのか、周囲が霧深くなっている。このおかげで、緊張がさらに高まっていく。見通しのきかない異質な空間を進んでいくと、急に視界が開けていった。
 今までの路地とは異なって、華僑が多く暮らしている安アパートや賭場、そして飲食店が並ぶエリアへと姿を変えた。どの店も寂れていて、赤色に緑の漢字を書いた看板以外は、どれもがとても汚らしく感じられる。まさにサイバーパンクでよく描かれている光景だった。
 オルフェは頻りに周囲を気にする。顔の向きは真っ直ぐでも、絶えず眼球を動かして、僅かでも動くものがあれば殺すかと言わんばかり。鋭い灰色のダイヤの輝きは、暗がりに獲物を狙う黒豹そのものだ。
 2人の頭上にある安いピンクやメロンソーダ色のネオンが、10秒間隔で点滅しては大きな火花を散らせている。点検を怠っている証拠だ。足元には煙草や酒瓶などのごみが散らばっていて、より一層探偵小説らしい世界観を醸し出している。
 風の音、切れかけの電線の音、生ごみを漁るドブネズミの音、小さな掠れた音が響く度に眼球を動かして、自分たちに迫って来ている暗い影を探していた。オルフェはゾッとするほど生暖かい風に身を委ねながらも、表情を一切変えない。しかし、突然上のほうで大きな物音が聞こえて、そして辺りは急に静まり返る。その数秒後、辺り一帯の灯りが消えて、再び暗くなった。
 オルフェとエレンは虹彩に微量の光を吸収して、自分たちが進んでいく先を確認する。そろそろ相手が仕掛けてくると、2人とも同じ判断をした。オルフェもエレンも微かに光を集めた瞳が銀色に輝いて、夜の森を彷徨う番いの狼そのものとなっていた。
 辺りが沈黙し始めてから風も止んだ。空気はさらに淀んで、怪奇を連想させる。まだ昼間だというのに、この暗さは異常だ。しかし、これがアストロメリアの現実なのだ。金や権力がある者は伸し上がって、金が無くて立場の弱い者はその踏み台とされてしまう。この問題に関して、政府関係者や都市部で暮らす誰かが関心を持ってさえいれば、少しは改善できたことであろう。でも……誰もいない。そう、これが現実だ。しかし今の2人には、こんな社会問題を語り合う時間なんてどこにもない。もう、逃げることしかできないのだ。
 暗くなり静かになってから、10分ほど経過した。はっきりとは見えないが、チャイナタウンから、また別の場所へ来てしまったようだ。そう……何というか、コナン・ドイルが描いたシャーロック・ホームズの世界。紳士的なブラックユーモアを持った殺戮の街が、徐々に影を見せ始めた。切り裂きジャックに狙われる若い女性たちに、今の2人は奇妙なぐらい重なっていた。
 エレンが街の様子に気づいた時、暗い空から丸い卵菓子のような形をした白い暖かな光を放つものが、姿を見せ始めた。そう、地球で見える月そのものだ。
 誰にも知られていない1人のアーティストによって作られたこのサイバーアートが、この暗く近未来から取り残された街全体へと展開している。1人でもいい、誰かに気づいてほしいようにひっそりと……
 人工で作られた月がはっきりと姿を見せた頃には、視力の良い者なら問題なく歩ける明るさになっていた。辺りの光景が益々英文学の世界に近づいていったが、それでも虚構に変わりない。紛い物のこのロンドン郊外の街を進んでいくと、前方に橋の影が見えてきた。オルフェはまだ姿を見せない敵に警戒しながら、エレンを連れて橋のあるほうへと向かった。
 近くまで行くと、石材で造られた古い橋が、2人の目の前にはっきりと映った。ヴルタヴァ川に架かるカレル橋のような外観だ。オルフェとエレンは一度顔を見合わせて、同時に石橋に足を踏み入れた。ためらいはない。でも、ゆっくりと慎重に……
 橋を渡り始めると、微かだが何かの音が聞こえてくる。最初は野兎でしか聞こえない程度だったが、2人が月明かりに照らされながら進むごとに、少しずつ大きくなっていく。どこから聞こえてくるのか分からないが、ベートーヴェンの名曲月光の調べが、この辺りを凛としたピアノの音色を通して包み込んだ。最初はゆっくりとした演奏が、2人が橋の中心部へ近づくに従って、テンポが速まり音がさらに大きくなっていく。
 ちょうど橋の中心部へと辿り着くと、オルフェは殺気を感じて上を見上げる。オルフェの視線には、時計台のシルエットをした建物の上に黒い人影があった。そして、その黒い人影がこっちに向かって飛び降りてきた。目の前に着地した人影が、直ぐ様オルフェに後ろ回転横蹴りを入れてきたが、オルフェは間一髪顔の近くで両腕をクロスさせて頭部への直撃を避けることに成功した。しかし蹴りの威力が余りに強くて、後ろに下がっていたエレンの下へと突き飛ばされてしまう。これにエレンは素早く対応して、オルフェの背中をしっかりと受け止めた。オルフェは振り返ってエレンの顔を見ると、優しく微笑んだ。そしてエレンも微笑を浮かべると、2人は今まで姿を見せなかった敵に真っ直ぐ視線を向けた。
 オルフェとエレン、2人の瞳には黒の戦闘服を着た男の姿が映っていた。背丈はオルフェと同じぐらいで、髪の毛も同じく黒。そして目元を白いヴェネチアンマスクで覆っている。薄い月光に照らされているおぼろげに浮かんだその姿は、この辺りを彷徨う怨念のように不気味だ。
「何者だ?」
 男はオルフェの質問に、唇を一切動かさず沈黙で答える。
「……そしてその動き、おまえもアンドロイドだな。国家警察の者か?」
「……」
「いや、違うな。もしそうだったら、あの監視役の男も同伴しているはずだ。」
「……」
「どこの組織の者だ?どうして僕たちを狙う?」
 オルフェの言葉の後、再び少しの沈黙。言葉にしてみれば、ほんの少しの間のことのように感じるかもしれない。しかしこの僅かな沈黙が、あのブラックホールのように月の僅かな光と共に自分をも吸い込んで、永遠に闇の中を彷徨い続けなければならないのかと思えるほどだった。そう思える間にも時は経ち、沈黙が破られる。後ろにいるエレンが、掠れた声でオルフェに伝える。
「彼よ……」
「彼?」
 オルフェは後ろを振り返らずに、エレンの次の言葉を待つ。
「彼がやったのよ。ねぇオルフェ、今日移民街で殺人事件があったことは知ってるでしょ?彼が殺したのよ。潜入捜査官の男を殺して、自分と同伴していた同じ組織の人間の男を犯人に仕立て上げた。つまり、ハメたのよ。たぶん、彼は人を信用していないみたいね。」
「そうなのか……でも、なぜ詳しく知っている?君は一体……」
「恐らく、わたしも彼と同じ組織の一員。今まで直接会ったことがなかったけど……でも間違いない。彼のことを知ってるわ。同じ組織の仲間から聞いたことがある……」
 エレンの言葉が一旦途切れて、また少しの沈黙。しかし、冷たい風が吹き抜け、再び彼女の言葉が動き出す。
「彼は組織の殺し屋。組織の脅威となる存在を、あの世へと送り届ける暗殺者。彼に一度狙われた獲物は、決して逃れることはできない。どこまでも追いかけてきて、獲物の喉を掻き切る機会が訪れるその瞬間まで決して姿を見せない。獲物は殺されてしまうその時まで、まるで何かに憑りつかれたかのような狂気の表情を見せて、最後を遂げていく。」
 エレンの言葉がまた途切れた後、再び冷たい風が吹き抜けていく。そして、エレンは僅かに声を震わせながら、オルフェにこう言うのだ。
「死へと誘う冥府の神。そう、死神よ。」
 エレンの言葉が消えたその瞬間、死神が速いスピードでオルフェに向かって走ってくる。オルフェは急いで腰にぶら下げている宇宙銃を取り出した。しかし、撃とうとした瞬間銃を左手で抑えられ、横腹に蹴りを入れられそうになる。オルフェは左腕を盾代わりにして蹴りを防ぐと、死神は一歩ほど後ろに下がって後ろ回し蹴りでオルフェの頭部を狙う。オルフェはスウェーで攻撃を避けると、ハンドスプリングで後ろへと下がった。そして再び銃を向けると、相手の胸を狙った。しかし、死神は無駄のない動きで銃弾を躱すと、跳び横蹴りでこちらへと向かってきた。オルフェは体勢を低くして、死神の蹴りを避ける。2人の身体がちょうど横から見てクロスに交わった瞬間、2人とも振り返った状態でお互いの顔を見ていた。オルフェの瞳が死神の視線を捉えた瞬間、暗闇から銃声が鳴り響き木霊する。そして、再び音の無い世界が広がった。
 オルフェと死神が対峙している間、エレンは少し離れたところから様子を窺う。同じ組織の仲間を援護すべきか、出会うまで敵同士だった男を庇うべきなのか、エレンは判断に迷っているようだった。オルフェから死神、死神からオルフェへと交互に視線を移していて、顔にも困惑している様子が確認できる。
 しかし、突然無音が破られる。暗闇からたくさんの足音が聞こえてきた。暗い霧の中、オルフェとエレンを始末しにやって来た大勢の警官たちが、灯りを携えてこちらに向かってくることが確認できた。死神はここは一旦退くべきと判断したようで、後ろへと下がり闇に吸い込まれるように消えていった。
「いたぞ!あそこだ!!」
 オルフェたちのところへライトが向けられ、居場所がバレてしまった。何人もの警官がこちらへと向かってきているのを見て、オルフェはエレンの手を掴んで、ライトの灯りに当たらないように気をつけながら、警官たちのいる反対方向へと全速力で駆け抜ける。警官の1人が銃を抜いて発砲しようと照準を合わせた時には2人の姿が見当たらず、川に何かが落ちた大きな音だけが聞こえた。
 

「オルフェウスとエウリュディケが機械人形であっても」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く