人と神は過ちを繰り返す

哺乳鳥魚類

神々のみぞ知る誰にも語り継がれない神話

 はるか古代。地上に神々が暮らしていた時代。


 大地の神と海の神の争いがあった。


 海の神は、大地を海に沈め海の生命を繁栄させるため。大地の神は、大地に暮らす生命を守るため。


 他の神々は傍観するだけだった。後に神々以外の存在が争いに関与したからだ。


 海の神が引き起こした津波によって、世界の半分以上が海に沈んだ。


 そして海の神は、鎧を背負った竜に、魚の姿をした獰猛な黒き獣に、刃の鱗を身にまとった魚に、不滅の肉体を持つ多腕に、自身の力の一部を分け与え、暗い海の底で眠りについた。


 その四体は自身の配下に力を与え、大地に侵攻を始めた。大地の生命を根絶やしにするため


 大地の神は、自身の力を宿した石を残し、三体の巨獣を模った巨像に生命を宿し、人間には大地を守る使命を、巨像たちには人間を守る使命を与え、海の神と同じく山へ眠りについた。


 使命を果たすため、大地の神が残した石を用いり、人間たちは自分たちの持つすべての技術を結集して、対抗する力を作り出した。そして後に作る最強の戦士を守るため、より優れた力を二つ作り出した。


 人間たちは最後に、すべての戦士の力を結集した力を作り出し、四つの種に対抗する最強の戦士を作り出した。


 最強の戦士と優れた二人の戦士を三体の巨像の繰り手とし、大地と海の血戦が始まった。


 ある戦士は剣を振るい、ある戦士は棍を薙ぎ、ある戦士は盾で猛攻を防ぎ、ある戦士は拳で敵の命を奪った。


 戦いは熾烈を極め、大地と海、ともに多大な犠牲をもたらしたが、最強の戦士が黒き獣を倒し、長きにわたる争いは大地の勝利となった。


 人間たちは力を大地の神が眠った山に封印した。自分たちには過ぎた力だ。誰にも悪用されないように、と。




 そして―――――― 

「人と神は過ちを繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く