話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神速の騎士 ~駆け抜ける異世界浪漫譚~

休月庵

ロゼリアの恩返し

大和 光は冒険者ギルドにいた。




今日も今日とて、朝から冒険。
光は今日も冒険者ギルドでクエストを受けるつもりだった。


今日こそは魔物討伐のクエストを受ける、と意気込んでレドルンドの屋敷を出ようとすると、当然のようにトリスがついてきた。




「今日も案内しますよ。」




可愛らしく微笑んでトリスが言う。




「毎日オレに付き合っていて、お仕事は大丈夫なんですか?」


「大丈夫です。レドルンド様の許可はいただいています。」




レドルンド様の許可があるのなら、光に断る理由はない。




「じゃあ、お願いします。」




二人で連れ添って冒険者ギルドに向かう。 
他愛ない話をしながら歩いていると、次第にリリーナの話になった。




「そういえば、リリーナ様はどうなさっているんですかね。この前の夕食以来お会いしていませんが、レドルンド様のお屋敷にいらっしゃるんですよね?」


「そうですね。お忙しくしてらっしゃるようです。朝は早く、夜は遅く、屋敷にはあまりいらっしゃいません。」


「そうですか。やはり王女様となると大変なんですね。」


「そうですとも。特に、このロアの街はレギン王国の中でも重要な街なので、有力な方への挨拶だけでも数日はかかると思いますよ。」




光はリリーナのことをただ可愛い女の子としかと思っていなかったが、王女と言うのはやはり特別なものなのだな、と思った。




そうこうしているうちに、冒険者ギルドにたどり着いた。
ドアを開けて中に入り、さあクエストボードを確認しよう、と思ったそのとき、大きな声が響いた。




「お兄さん!」




声のした方を見ると、赤い髪をポニーテールにした活発そうな少女、ロゼリアが光に向かって走ってきた。




「お兄さん、昨日はありがとう!おかげて妹の容態も良くなってきたわ!」


「ロゼリアさん。妹さんも無事なようでよかった。妹さんもそうだけど、ロゼリアさんが帰って来てお母さんも喜んだろう。」


「そうね。喜んでくれたけど、そのあと怒られたわ。無茶するな、だって。大和 光さん、よね。今度直接、光さんにお礼がしたいって言っていたわ。あと、私のことはロゼリアってよんで。」


「わかった、ロゼリア。昨日も言ったけど、おれはクエストとしてロゼリアを助けにいっただけだ。お礼はギルド経由でしっかりもらってるから十分だよ。」


「でも、それじゃあ気がすまないわ!私と妹の二人分の命、報酬って言うならもうひとつ必要よ!絶対にお礼はするわ!」




ロゼリアは頑固だった。
どうしたものかな、と光が悩んでいると、静かに聞いていたトリスが口をはさんだ。




「ロゼリアさん、ですか。すみません、少しよろしいですか?」




ロゼリアは横にいるトリスに今気づいたかのように答える。




「あら、あなたは?」


「私はトリスと申します。現在、光様が滞在されている、レドルンド様の屋敷でメイドをしております。」


「!領主様の!光……様は、領主様の関係者なのね。」


「はい。光様は、大恩ある客人としてレドルンド様がもてなしております。」


「そう……じゃあなおさらね。そんな高貴な方に助けていただいたとあれば、なにもしないわけにはいかないわ!」




光は展開についていかず、弱々しく訂正する。




「いや、おれは別に高貴な訳じゃあ……」




しかし二人は光の言葉など意に介さない。




「ご立派なお心がけ、さすがは烈火の魔女です。貴方様のご活躍には、レドルンド様もお喜びになっております。」


「もったいないお言葉、感謝しますわ。」


「そこで、ロゼリアさんにご提案があります。光様が受けとることをためらわず、かつロゼリアさんにもご満足いただけるお話です。」




ロゼリアは喜んでくいつく。
いったいどんな話なのか、光も気になった。




「光様とロゼリアさん、お二人でパーティーを組むのはいかがでしょうか?」




トリスの言い分はこうだ。
光はゆくゆくはダンジョンに潜りたい。
しかし、能力はあるが経験が不足している。
対して、ロゼリアはダンジョン経験が豊富なベテランだ。


ロゼリアとパーティーを組んでダンジョンに潜れば、光はおおいに助かる。
そして、光とパーティーを組まなくてもロゼリアはダンジョンに潜るのだ。
光としてもなにも気兼ねすることはない。




そうトリスに理路整然と説得されて、光もロゼリアもその通りだと思った。


こうして、二人はパーティーを組んだ。

「神速の騎士 ~駆け抜ける異世界浪漫譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く