話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神速の騎士 ~駆け抜ける異世界浪漫譚~

休月庵

初クエスト

大和 光は懐かしの森に来ていた。




レストラン「ロトンダ」の料理は大変美味だった。
レドルンドの館の料理にも引けを取らないほどで、値段は高いのだろうかとトリスに聞いたところ、普通のメニューはそんなに高くないらしい。


ただ、今日食べたのは人気のスペシャルメニューらしく、そこそこお値段が張るから今日は経費で食べられてラッキー、とトリスは幸せそうだった。




冒険者ギルドのクエストボードには、たくさんのクエストが張られていた。
その中でも一際目立ったのは、「期間限定!ダンジョン5階層でダイアウルフ大量発生!討伐依頼!」と書かれたものだ。


なんでもダイヤをその身に宿す狼らしく、素材の売値がすごいらしい。


光は泣く泣くその依頼書を視界から外し、はしっこにある薬草採取の依頼書を確認して受付に進んだ。


クエストに行く前に、ギルドで剣と盾を借りた。
有料で貸し出しているらしい。
支払いはもちろんレドルンドだ。




街をでて、その足で森に向かう。
リリーナたちとともに駆け抜けた森だ。
薬草は森の中に生えていると依頼書に書いてあった。




薬草を見つけるのは大変で、あまり成果はない。
駆け出しの冒険者が常時受けるため、森の入り口付近は狩り尽くされているのだ。
成果のでない作業に、光は飽きてきていた。


「この森、全然魔物がでませんね。」


「そんなに残念がらないでください。いいことなんですから。」




子供をあやすようにトリスが言う。




「街の防衛のため、森の魔物は定期的に討伐しています。そうそう出会いませんよ。」




光はため息をついた。




「さあ、依頼達成まであと少しですよ。もうひとがんばりしましょう!」




トリスは元気にそういって、光の手をとった。

「神速の騎士 ~駆け抜ける異世界浪漫譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く