話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神速の騎士 ~駆け抜ける異世界浪漫譚~

休月庵

冒険者ギルド

大和 光は日本男児の聖地に足を踏み入れた。




と、思ったらちょうど中から出てきた女の子とぶつかった。




「ごめんなさい、お兄さん。急いでいるの。」




長い赤髪をポニーテールにした、活発そうな少女だ。




「いえ、お構い無く。」




光の返事を聞いているのかどうか、少女は小走りで去っていった。




「光様、大丈夫ですか?」




心配してくれるのは、レドルンドが案内につけてくれたメイドだ。
トリスと言う名の光と同年代の少女で、落ち着いた茶髪をシニヨンにしたかわいらしい子だ。


レドルンド曰く、君は強いらしいから護衛はいらないだろうが、街に詳しい者は必要だろう?とのことだ。


あと、トリスは器量良しで街でも人気があり、そろそろ特定の相手が欲しいと悩んでいると言っていた。
ウィンクまでしてきた。




(いったい何を企んでいるのやら……)




光は快活に言うレドルンドの思惑がわからなかったが、確かにトリスは可愛かったため、深くは考えずに好意を受けることにした。




「ええ、大丈夫です。しかし流石は迷宮都市の冒険者ギルドですね。外観からすごく立派な建物だと思っていましたが、入ってみるとまたすごい。」




足を踏み入れた瞬間に無数の鋭い視線に射抜かれ、強面の筋骨隆々としたハゲ頭に絡まれる、なんてことはなかった。


冒険者ギルドは光のイメージとは違ったが、なにも残念なことはなかった。
むしろ、その一流ホテルのごとき佇まいに高揚していた。


外観はレンガ造り、大きな扉に大きな窓、中に入れば吹き抜けの天井に噴水、上の方にはステンドグラスまで備え付けてある。


口を明けてキョロキョロと屋内を見渡す光に、トリスは自慢げに、しかし控えめに話す。




「ふふ、このロアの街の冒険者ギルドはこの街のシンボルなのです。ダンジョンを軸に発展したこの街では、冒険者は花形の職業。自然と冒険者の数は増え、冒険者ギルドはそれにふさわしい姿になりました。今ではこの街の観光資産でもあるんですよ。」




言われて回りを見てみれば、確かに冒険者ではなさそうな人も結構な割合でいる。
見分け方は簡単だ。武器を持ってる人が冒険者だ。……だと思う。


さっきぶつかった女の子も武器を持っていたから、きっと冒険者だろう。




「観光客向けにレストランも中にあるんですよ。今日は冒険者登録をされたいとのことでしたので、それが終わったら、ここでランチにすることをおすすめします!ご主人様から経費が出るので、食べ放題ですよ!」




ふんっ!と鼻息荒く両手を握って力説するトリスは、背の低さと相まってとても可愛らしかった。




「そうですね。じゃあ、そうしましょうかね。」




光は微笑みながら答え、冒険者ギルドの受付へと足を向けた。

「神速の騎士 ~駆け抜ける異世界浪漫譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く