話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神速の騎士 ~駆け抜ける異世界浪漫譚~

休月庵

晩餐会

大和 光は食卓についた。




身支度を整えて部屋を出ると、ドアのそばにメイドさんが控えていた。
メイドだ。本物の生メイド。かわいい。


もうじきリリーナとこの街の領主が夕食をとるらしく、時間が会えば光も案内するように言われているらしい。


光が席について間も無く、リリーナ、アイリスがやって来た。




「光様、おはようございます。といっても、もう夜ですけれどね。」




リリーナは可愛らしく笑って言った。
光は思った。




(結婚したい。)




「疲れはとれましたか?」


「はい。夜まで休ませていただいて、すっかり元気です。リリーナ様と、そちらの方は大丈夫ですか?」


「私は大丈夫です。アイリスも。そういえば、紹介がまだでしたね。この者はアイリス。私の侍女です。」




アイリスが頭を下げる。




「アイリス・アセットです。リリーナ様の侍女です。昨夜はリリーナ様の命を助けていただき、ありがとうございました。」


「いえ、ご無事でよかったです。むしろこちらも助かりました。森の中を迷っていて、途方にくれていましたから……こうして街までつれてきていただけて助かりました。」


「当然のことです。命の恩人であるあなたをおいていくわけにはいきません。そして、すべてはリリーナ様のご配慮です。」


「そうでしたか、ありがとうございます。リリーナ様。」




リリーナは微笑み、小さくうなずく。




「それとリリーナ様から伺いましたが、光様は遠いところからこられたとか。レギン王国からはるか東に黒髪黒目を特徴とする一族がいると聞いたことがありますが、なにか関係がおありですか?」




光は驚いた。
東に黒髪黒目。狙ったかのように日本と似通っている。




「いえ、おそらく違うと思います。ただ、興味深いお話です。」


「そうですか……詮索してしまい申し訳ありません。」


「いえ。構いません。」




アイリスとの話が終わり少し間が空いた。
ちょうどその時、領主が食堂に入室した。


光とリリーナがそちらに目を向けるなか、アイリスだけは、静かな瞳で光を伺っていた。

「神速の騎士 ~駆け抜ける異世界浪漫譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く