話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神速の騎士 ~駆け抜ける異世界浪漫譚~

休月庵

馬車の中で2

大和 光は考えた。




自分のことはどう話せばいいだろう。
異世界からきました、迷ってました、なぜかしらないけど速く動けて空を蹴ることができました。


信憑性の欠片もない。
しかし今は話す以外の選択肢もない。




光はリリーナに伝わるよう、正直に話した。




「そうですか、異世界から……」


「なにかご存じなのですか?以前にも異世界から来た人がいたとか……」


「いえ、そう言う話は存じ上げません。正直に申しまして、あまりピンときていません。違う世界、というものがどういうものなのか……とにかく、とても遠くからいらした、と理解させていただきます。」


「それで構いません。」


「経緯はどうであれ、光様に命を助けていただいたのは事実です。現実離れした話ですが、私は光様を信じます。」


光は感動した。
こんな話を信じる、と言ってくれたリリーナの優しさに。




「光様、街までの間、賊の残党がいないとも限りません。厚かましいですが、光様の強さをあてにさせてください。お礼は街についたら必ずいたします。」




光は力強く頷いた。

「神速の騎士 ~駆け抜ける異世界浪漫譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く