話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神速の騎士 ~駆け抜ける異世界浪漫譚~

休月庵

森の中2

大和 光は森の中を歩いていた。




空腹に、自然と独り言が多くなる。




「腹減った……なにか果物とかないかなー……ないなー……」




歩き始めてからそう時間はたっていない。




「果物とかないかなー。ってないかー……いやどこかにあるだろー……あってください……」




そうして歩くこと数分、目の前の茂みに小さな赤い実を見つけた。




「これ、食べられるかな……」




光は実をつまみ、一つ口に運ぶ。




「酸っぱ!」




あまりの酸っぱさに、光は食べるのを諦める。




(こりゃあダメだな……すっぱすぎる。というか、適当に歩いてるけど案内とかなにもないな。ほんとにここどこだろう。ていうかなんでここにいるんだろう。こんな森、近所にないぞ。おれ、誘拐でもされたのか……先生、探してくれてるかな……今日の日替わりランチ、とんこつラーメン食いたかったな……夕飯、なんだっけな……)




空っぽのお腹と、まとまらない思考を抱えて、光は森を歩き続けた。




そうしてしばらく歩き続けるが、まわりの景色は一向に変わらない。
日も傾き、だんだん薄暗くなってきた。
光は焦りと不安を感じていた。




(やばい……なにもない……腹減った……だんだん暗くなったきたし、そろそろ本気でやばいんじゃないか……おれ、迷ってるよな……出口どこだよ……携帯も繋がんねぇし、やべぇよな……この森、熊とかでるのかな……そういやぁ猪なんかも結構危ないんだよな……)




――がさっ




「……っ!」




突然の音に驚く光。
音のした繁みをしばらく見つめるが、続く反応はない。




「……勘弁してくれよ。」




光は理解不能な現状と、どこまでも続くような森に精神を削られつつあった。
しかし、立ち止まっていてもなにもかわらない現実を前に、ただ歩き続けるしかなかった。






光は歩いた。
あの木の影からなにかが出てくるかもしれない。


光は歩いた。
この道はさっきも歩かなかったか。


光は歩いた。
もう帰れないのかもしれない。






もうどれ程歩いたか、あたりはすっかり暗くなっていた。
まだ出口は見えない。


光はいつしか繁みの中に座り込んでいた。




(……)




光は思考停止していた。
空腹のまま、意味もわからず歩き続け、恐怖を映し出した森に疲れきっていた。




遠くから音が聞こえてきたのはそんなときだった。

「神速の騎士 ~駆け抜ける異世界浪漫譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く