ご落胤王子は異世界を楽しむと決めた!WEB版

るう

獣人と魔力2

「実はね、もともと獣人と魔獣は相性が良くないんだよ」

 リュシアンは、いきなりなんの衒いもなく核心をついた。

「てめぇ…が、なんで」

 ダリルが驚くのも無理はなかった。
 なにしろ例の噂は、上級生のほとんどには知れ渡っていたが、ここ二年ほどの新入生は知らないはずだったからだ。リュシアンは、ニーナ繋がりで上級生との交流が多かったため、たまたま耳にしたのだ。
 噂が流された直後、学園によりかなり強引な火消しが行われた。
 事実無根だとして、これ以上の詮索を禁止したのだ。さらにダリルにも、そのことに関して質問されても、肯定せず無視するようにとの通達があった。
 それは人道的対処に見えて、実のところは獣人を差別していることに他ならなかった。
 学園の理念として、身分種族に問わず門戸を開いているが、どちらかというと魔法関係に優れたものが多く、たとえ武術系でも魔力皆無のものはいなかった。そのため獣人が在籍したことはほとんどなかった。
 もちろん獣人が入学してはいけないという規定はない。それでもその体質上、魔力がない者の入学は難しいと言わざるを得なかったのだ。
 余談だが、獣人と一纏めにされる亜人の中でも、鳥型、トカゲ型、人魚などは魔力に似た力があり、一般的な獣人とは別格に扱われている。
 もとより昔から獣人の地位は低く、百年前ほど前までは、そのほとんどは奴隷だった。そのこともあって人間やエルフには、どうしても獣人を差別する風潮があったのである。

「だからね、召喚の儀がうまくいないのも、そのせいだと思うんだ」
「てめっ…俺のせいだって言うのか!?答えろっ…、てめぇも俺を…」

 この人、本当に人の話聞かないなあ…

「相性だってば!…あのね」

 リュシアンは、王都で山ほど読み漁った書物の記憶から、獣人に関する記述を思い出していた。
 獣人の多くはもともと森で暮らしており、その頃から魔獣や他の動物と縄張り争いが絶えなかったという。そのため、お互いを認識して無用な争いが起こらないように、自然に距離を置くようになっていったというのだ。

「フェロモンっていうか、匂いっていうか、そういうのが出てるらしいよ」
「匂い!?」

 はっとして、ダリルは慌てて自分の匂いを嗅いでいた。

「人間の血が入ると、ほとんど消えてしまうらしいけどね。ダリルって、獣人のハーフだっけ?」
「はぁ?!俺はハーフじゃねえ、故郷の一族が、もともと獣人の血を受け継いでるだけだ」

 思ったよりずっと血は薄いようである。噂など、本当にあてにならないものだ。
 リュシアンは、おもむろにダリルの周りをぐるりと回った。
 ダリルは、不愉快そうに眉を顰める。
 獣人混じりと知った時、大抵の相手には多かれ少なかれ侮蔑の色が浮かぶ。今となっては獣人イコール奴隷ではないけれど、それでも昔から受け継がれてきた記憶と、今も根付いている魔力至上主義がそうさせるのだ。
 
「なんだよ…、何してんだ」

「ご落胤王子は異世界を楽しむと決めた!WEB版」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く