ご落胤王子は異世界を楽しむと決めた!WEB版

るう

獣人と魔力

 噂が本当だとすると、彼の魔力量は異質だった。
 獣人の血が混ざると、ほとんど例外なく魔力を失うのが常なのだ。
 容姿を見る限り、普通の人間に見える。
 逆立ったような短い髪は、黒に近いこげ茶色で、瞳の色は明るい金茶、これは獣人にはよくある色味で、決して珍しくはない。

「一番の理由は…、興味かな?」
「興味だと!?」

 くるっと方向転換していきなり歩きだしたリュシアンに、置いて行かれそうになってダリルは慌てて後を追った。

「うん、そう。それに、僕たちは魔法研究科の同じ班の#仲間__チームメイト__#でしょ。暴走しそうな仲間を、放っておくわけにいかないよ」
「べつに、仲間じゃねぇ…あんなのは一時的に組んでるだけだ」
「まあまあ、そこはいいんだよ。そんなことより、召喚の事だけど」
「な、なんだよ」

 ダリルは仲間や、友人という言葉に嫌悪感を抱いているようだった。
 入学以来、獣人との混血であることは公表していなかったが、ダリルはべつに隠しているつもりはなかった。親しい友人たちには、それとなくそういう話したことはあるし、その後の関係も変わることはなかった。
 だが、一日にしてダリルを取り巻く環境は変わった。
 魔法を使う猿がいる――ある日、教室のボードに貼り出された。
 卑しい獣は魔法を使うな、人の言葉を話すな、などと言いがかりも甚だしい文書が送りつけられ、侮蔑を交えた流言がまことしやかに囁かれ、面白おかしく飛び交った。
 誰が始めたか、そんなことはどうでもよかった。
 怒りよりも、失望感が募った。差別のない学校だと聞いた。たとえ獣人混じりでも努力さえすれば、上を目指せると信じていた。
 だから、村を出てまでここに来たのだ。
 それが蓋を開けてみれば、結局は貴族が威張り散らし、魔力よりも家柄によって評価が捻じ曲げられた。もちろん全部が全部そうではなかったが、積もり積もった小さな不満が膨れ上がり爆発した。
 それからは一人でいることが多くなった。
 やがてダリルは、魔法で上を目指すことのみ拘るようになる。
 獣人混じりと馬鹿にしたやつらを、相手の土俵で、魔法で叩きのめすために。

「ご落胤王子は異世界を楽しむと決めた!WEB版」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く