ご落胤王子は異世界を楽しむと決めた!WEB版

るう

エキューデ商会

 …うちの城下町の別邸より大きいね。
 リュシアンは思わず口を開けて屋敷を見上げた。下手な貴族なんかよりお金持ちって言うのは、紛れもなく本当なんだろう。大方の貴族って、お金の使い方おかしいからね。見栄を優先して身代を潰すってよくあるし。
 
「お嬢様、お帰りなさいませ」

 執事風の男が、玄関口でアリスを出迎えた。すぐにニーナやエドガーに気が付いて、改めてそちらにも深々と頭を下げた。

「パパは?」
「先ほどから、お嬢様をお待ちでございます」

 アリスは「リュシアン達の事は事前に話してあるのよ」と補足をして、自らが案内に立った。
 階段を上って、すぐの部屋が父親の部屋らしい。
 一同は軽く挨拶を済ませた後、すぐに本題に入った。面倒な説明をアリスがすべて済ませてくれていたので、何事もスピーディに進んでゆく。

「職人の件はわかった。信用のおける店をいくつか紹介しよう」

 ドリスタン王国の城下町に、大きな門を構えるエキューデ商会。
 アリスの父、パトリック・エキューデは、とある騎士爵の次男坊だったらしい。アリスは末の娘だと聞いていたので、かなり年配の人物だろうと想像していたが、思った以上に若々しく精力的なイケメン紳士だった。商人って、なんかこうでっぷりとした印象があるんだけどね。
 顔つきのせいで優男に見えるが、その泰然と凪ぐ瞳の奥には、成功者特有の油断のならない貫禄がある。

「買い取りについては、まずは私が確認させてもらってもいいかな?」

 当然と言えば、当然である。おそらくアリスは、本当のことは話してはいない。
 出どころのはっきりしていない物を、おいそれと買い取るわけないはいかないだろう。実際のところ、ダンジョンの件を内緒にしたのは騒ぎにしたくなかったからで、他に理由はない。
 これから協力を仰ぐなら、少しは事情を明らかにするべきかも知れない。

「私は、少しばかり鑑定のスキルを持っていてね」

 そう言うと、胸の内ポケットからルーペを取り出し、テーブルに置かれた一つの鉱石を取り上げた。リュシアンが、初級の魔法陣で鑑定できなかったものだ。あれを真っ先に手にするということは、かなりの目利きである。

「こ、これは…」

 パトリックは、思わず顔を上げた。確認するように娘を見たが、肝心のアリスはいささかも動揺した様子がなく、きょとんとしていた。そこで、ぐるりと順に視線を巡らせて、ふと一人の少年に目を止めた。
 年若い少年少女たちの中にあって、さらに幼く一番年下だろう彼は、けれど唯一パトリックの驚愕を理解している様子だった。
 加えて、穿った見方をするなら、こちらを試しているようにも思える。

「君は…、これの正体がわかっているんだね?」

「ご落胤王子は異世界を楽しむと決めた!WEB版」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く