ご落胤王子は異世界を楽しむと決めた!WEB版

るう

脱出作戦

 これでチョビの不可解な行動の謎が理解できた。
 いわゆるやきもちというやつである。相手が同じ従魔だということで、対抗心が生まれたのだろう。実際、ニーナやアリスと仲良くしていても、チョビは我関せずである。むしろ、ニーナには懐いている感さえある。
 にわかに現れた新入りに、ご主人様を独り占めされたと思ったに違いない。
 リュシアンは彼女(?)が従魔になってることに気が付いてなかったので、ついチョビに邪険な態度を取ってしまったが、ちょっと悪いことをしたと反省していた。
 まだ拗ねてる様子のチョビの背中をチョンチョンとつついたが、頭に乗ったっきりそれこそ石のように動かなくなってしまった。
(……ごめんね、チョビ)

「さて、この子にも真名はあるけど……やっぱり呼んじゃダメなんだろうな。また名前決めなきゃいけないのか」

 リュシアンは、困った様子で頭を悩ませた……が、とりあえず保留にしようと、数分できっぱり切り替えた。なにしろ、今は悠長に悩んでいる時じゃないからだ。

「まあ、正体も分かったし、よしとしよう。この子の事は置いといて、問題はここからどう脱出するかだよ」

 忘れたふりをしたって、現状は変わらない。新たな従魔に構っていた三人が、急に冷や水を浴びせられたような表情をするのに、リュシアンは思わず肩を竦めて苦笑した。

「……僕に、考えがあるんだけど」

 まあ、考えっていうか、やけくそっていうか……ぼそりと付け加えた言葉は、ほとんど独り言だった。
 はっきり言って、それは作戦でさえなかったからだ。

「先頭に僕、そしてニーナたちを挟んで後ろにエドガーで、一気に駆け抜ける」

 案の定、それを聞いた仲間たちは、期待に輝かせた顔を、直後、えっと驚いて戸惑ったようにお互いの視線を交わした。
 彼女たちが口を開く前に、リュシアンは矢継ぎ早に説明を始める。
 エドガーには、風の結界魔法で全員を守って欲しいと頼んだ。この魔法は、妹のマノンの魔法の練習の際、散々付き合ったので呪文はばっちり覚えている。エドガーなら属性も魔力も申し分ないので、すぐに使えるようになるだろう。熟練度による補正がない分、ちょっと不安だけど何もないよりはマシである。

「エンカウントしても、ニーナ達は絶対に手を出さないで。とにかく一つだけ守ってほしいのは、結界の外には出ないようにってこと」
「ちょっ……、ちょっと待って! これってリュシアンが一人で先頭を受け持つってこと? そんな、私たちも戦うわよ」

 リュシアンが言葉を切ると、ニーナが慌てて割って入った。
 そう言われるのはもちろん想定済みである。けれど、リュシアンはきっぱりと首を振る。

「ごめん、正直に言うと足手まといになる」

 あまりにもはっきりと断られて、ニーナ思わずぐっと口をつぐむ。私もっ、と続こうとしていたアリスも、中途半端に口を開けたまま固まっている。

「……というか、連携が出来る状態じゃないんだ。おそらく相手は格上、それも馬鹿げた差のある相手だと思う。普通に考えたら、かないっこない相手なんだ。だから向かい合ったら、たぶん……」

 一瞬で屠られるだろう、と。
 対峙することが、すでに危ないんだとリュシアンは言った。
 もちろん、ニーナ達だって舐めていたわけではないが、実際にマッピングしたリュシアンは、その危険性をまさに肌で感じていた。
 そこで思いついたのが、チョビの無差別薙ぎ払い大作戦。プラス、リュシアンの手加減なしの魔法陣攻撃魔法。
 なぜかここでは巻物が不要で、しかも魔力の回復も馬鹿みたいに早い。
 ということで、リュシアンが今まで仕入れたネタのようなとんでも魔法と、チョビの無差別魔法でブルドーザーのように進んでいこうという作戦なのだ。
 もはや作戦と呼ぶのもおこがましいほどの力押しだ。しかし、これしか手がないとも思った。
 普通に渡り合った時点で、敗北が決まる。相手がどんな攻撃をしてきたにしろ、こちらは一発KO間違いなしだろうからだ。
 よって、目が合う前に薙ぎ払う。相手を確認するまでもなく、襲い掛かられる前に先手必勝。オーバーキル上等でいくしかないのだ。もしかしたら相手はチョビよりも、チートを駆使したリュシアンよりも、さらに強い可能性さえある。そうなったら、それこそもう諦めるよりない。
 もとよりそういう、一か八かの賭けだった。
 全員あっけにとられる中、リュシアンも内心では人一倍大きなため息をついた。
(魔力はともかく、気力が続くかな……)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 いつもお読みくださりありがとうございます。長らくお休みしており、すみません。
 この作品は他のサイトで連載してあるものを、修正したのち更新しております。ですが、今はあまり余裕がなく見直し修正が滞っております。
 手が空き次第、こちらの方も随時修正して更新したく思います。

 現在、最新話を更新しているサイトは、カクヨム様となろう様です。
 参考: https://kakuyomu.jp/works/1177354054883803684
 かなり先行しておりますので、興味のある方はよろしければそちらをご覧いただければ幸いです。
 気長にお待ち頂ける方には、すみませんがもうしばらくお待ち下さい。
 では、これからもよろしくお願いします。

「ご落胤王子は異世界を楽しむと決めた!WEB版」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く