話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

スピリッツウィッチ~ダンジョン攻略がんばります~ 

夢見叶

第六十八話 指名依頼 4

 村から帰ってきてすぐ冒険者ギルドへと向った。

「すみません」

 ギルドについてすぐ受付に向い、

「貴族様の依頼の件で来たのですが」

 それだけ伝えると受付のお姉さんは誰かを呼びに向った。

 少し待つと、

「こちらへどうぞ」

 受付のお姉さんが戻ってきて私達を別室へと連れて行った。その中でしばらく待っていると貴族様が部屋へとやって来た。

「ミレイ様お早いお帰りで! 村で暴れていたモンスターはどうなりました?」

「それでしたら。その日のうちに終りました」

 依頼書に押してある村長の完了印を見せると、

「これは確かに」

 依頼書を受け取ると同時に報酬を出してくる。

 その中に金貨が数十枚入っていた。私はそれに驚きのあまり声を出すことが出来なかった。

 それから何度も何度も貴族の男性からお礼を言われた。

「もういいですよ」

 私が言うと、貴族の男性は頭を上げられた。

「ですが本当にありがとうございました」

 最後にそれだけ言って貴族の男は部屋を出て行った。

「一件落着ね」

 一息ついていると、

 コンコン! コンコン!

 扉をノックする音が聞こえた。

「どうぞ!」

 ガチャ!

 扉を開けて中に入ってきたのはギルドマスターのゴルゾさんであった。

 ギルドマスターは何も言わずに私の前に座ると、

「これを見てくれないか」

 一枚の紙を見せてきた。そこに書いてあったのはヴィールスの街で開かれる大会の紙であった。

「ミレイ、お主にこの街の代表としてこの大会に出て欲しいんだ」

 何故私がと、驚きはしたが、先日女神様に言われたことを思い出し、

「そのお話喜んでお受けいたします」

 お話を受けることにした。
 
 それから出発の日とそれからの事を打ち合わせして今日の所は解散となった。




 そしてそれから数日が経ち出発の日となった。

 私はマスターが用意してくれた馬車に乗り大会が行われる街に向けて出発するのだった

「スピリッツウィッチ~ダンジョン攻略がんばります~ 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く