話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

スピリッツウィッチ~ダンジョン攻略がんばります~ 

夢見叶

第六十六話 指名依頼 2

 翌朝、私はギルド前に来ていた。

 昨日、貴族の男性との約束で馬車を用意してもらえることになっていた。

 日も昇りいろいろな人が道を行き交っている。

 そろそろ来てもいい頃かなと思っていると、やっと貴族の男性がやって来た。

「おませいたしました」

 到着するとすぐに貴族の男性が頭を下げながら言ってきた。

 普通の馬車よりも少し豪華な作りで御車の人も付いている。

「どうぞお乗りください」

 扉を開けて案内される。

 私はそれに従い、中へと入る。イスの所は少し柔らかく座り心地はとてもいい。

 窓にはカーテンが付いていてさすが貴族の乗る馬車と打った感じであった。

「では出発いたします」

 御車の人から声がかかる。

「二、三日くらいかかりますが中でゆっくりしておいてください」

 その言葉の後、馬車が動き始める。

 窓から外を見てみると、貴族の男性がこちらに向けて頭を下げていた。



 あれから三日が経った朝、目的の村に到着した。

 馬車は凄く乗り心地もよくおしりが痛くなることもなかった。

 村に着いてすぐ、

「冒険者様、外へどうぞ」

 御車の人に言われるまま外へと降りると、村へと入る入り口の前に一人の老人が立っていた。

「よくこられました。わしはこの村の村長をしていゴウじゃ。立ち話も何なのでこちらへどうぞ」

 村の中へと案内される。

 御車の人はどうするのか聞いて見ると、

「私は、馬車を起きました向いますのでお先にどうぞ」

 そう言われたので、私は村長に着いていった。

 村自体はそんなに広くなく、宿はないように見える。村の周りには畑が沢山あり、貴族の男性の話しにあった馬車のだと思う。

 ただその畑には人はおらず少し荒れていた。

「こちらへどうぞ」

 中に入るように言われたのは他の家よりも少し大きめな家であった。私は靴を脱ぎ中に入ると、少し広めの部屋へと案内される。

 座るように言われるので床に座ると、使用人らしき人がお茶を二つ私と村長の前に出された。

「この度はまことにありがとうございます」

 頭を下げて言われる。

「お話を聞かせていただいて良いでしょうか?」

「そうですね」

 それから村長から話しを聞いた。

 二週間ほど前、いつも通り村の人が畑で農作業していると一体のモンスターが現れた。村の人達は、すぐに元冒険者であった村の人を呼びに行ったのだが、その人も返り討ちに遭ってしまい手の打ちようがなくなってしまった。幸いその人も軽傷で済んだのだが、畑での作業が出来なくなってしまったそうで、今は誰も外に出ようとしない、そのために貴族の様に相談されてミレイの元へと依頼の話しがやって来たと言うことである。

「それでモンスターはいつ現れるのでしょうか?」

 今の話しの中にはモンスターが現れるとだけしかなかった。

「お昼過ぎた辺りでよく見かけます。毎日畑で農作物を食べ荒らした後、何処かへと行ってしまうのです」

 お昼過ぎと言うことはもうすぐ、

「分かりました。では私は畑の方を見ていきます。村長の話の通りならもうすぐモンスターが現れる時間みたいですので」

「ありがとうございます」

 その言葉を聞いた後、家を後にして村の周りの畑に向った。

 畑に着くと、察知を使い辺りの反応を探る。

 初めのうちは何の反応もなかったが、畑の見張りを初めてから少しした頃、複数の反応を感じた。

 反応の方に行ってみると、そこにはイノシシ型のモンスターがいのである。

「スピリッツウィッチ~ダンジョン攻略がんばります~ 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く