話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

スピリッツウィッチ~ダンジョン攻略がんばります~ 

夢見叶

第五十八話 制限(リミッター)解除

 それからも女神様から話しは続いた。

「私達は女神は勇者からあることを頼まれているの」

「あること?」

「生まれ変わりであるあなたに掛けられたリミッターを外すことよ」

「何故女神様がそんな事を?」

「それはね、私達にも分からないわ。でも多分、この時の事を予想していたんだと思うわね」

 などと幸せそうな顔で言う。

「簡単に説明するからよく聞いてね」

 そこから説明が始まる。

 私に掛けられているリミッターは三つ。

 まず一つ目は能力値に関する制限。私はSSランクだと思っていた力は実際にはギリギリSランクの力と同等らしい。

 そして二つ目は、成長に対する制限。今私が憑依で融合出来る精霊は四体。だがこれ自体が制限で本来なら十歳になった時に七体全ての精霊と憑依出来るようなるらしい。

 そして三つ目は、精霊達に対す制限。今は本来もっていた力の半分のも出せていない。

「私が知っているのはこの三つよ」

「私はと言うことは、他にも何かあるのですか?」

「ええ、あるわ。だけどそれは他の女神の所へ行かないと分からないの」

 まさかそんな制限がかかっていたなんて思わなかった。

 それに精霊達もよく分からないと言う顔をしている。

「そして今からそのリミッターを解除するわね」

「そんな事が出来るのですか?」

「まあね、でも本来はダメな事なんだけど、このままだとミレイが危ないからと特別にね」

 それから、目をつぶるように指示を受けて私はそれに従った。

 女神様は私の頭に手を置いて何かを呟いている。

「もういいわよ」

 私は目を開けるが特に中変わった様子はない。

「全精霊憑依って言ってみて」

「全精霊憑依!」

 すると、全ての精霊が私の中へと入っていく。

 それから、軽く舞台を殴ってみると、簡単にひびが入る。

 ステータスも確実に上がっている。

 それに、

「後、精霊達に掛けられているリミッターも解除しておいたわ。フレイスピリッツフォースと言ってみなさい」

 神様に言われるがままに言ってみると、私の体を赤いオーラのような物が包む。

「その力はミレイの意のままに操れるわ」

 私は、オーラを足に集めてみたりなどいろいろ試してみる。

 これが私本来の力。

「もういいかしら」

 あくびをして暇そうにしているメリ。

「ミレイ大丈夫かしら?」

「はい! ありがとうございます」

 私は女神様に一礼する。

「気にしないで、あなたあの人の生まれ変わり。それを守るのも私につとめなんだから」

 私は女神様に抱きしめられる。

 頭の上に水滴がポツリ、ポツリと落ちてくる。

「女神様?」

 私はどうかしたのかと思い聞いて見る。

「何でもないのよ」

 涙を拭きながら言う。

「それと、話さないといけないことがあるから今日の夜教会まで来てね」

 それだけ言い残して女神様は消えてしまった。

 改めて、向かい合う私とメリさん。

「お待たせしました」

「別にいいのよ。楽しめればさえね」

 にこりと笑い名ながら言ってくる。

「楽しむ前に倒してしまうかも知れませんよ」

「あら、それは楽しみだわ」

 などと話しながら、私とメリさんの第二ラウンドが開始されるのだった。

「スピリッツウィッチ~ダンジョン攻略がんばります~ 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く